--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 宮古島遠征 その2

2013年06月21日 21:18

続き。
P1040417.jpg
ハマサンゴの壁。年月を感じさせる。

P1040436.jpg
こういう海中景観は、レイアウトの参考になるが、あくまでも参考程度に。。。
自然を水槽に再現しようとしても無理だしね。
水槽は水槽なりのアレンジをしないと、良いレイアウトにはならない。

P1040424.jpg
ホンソメのクリーニングステーションに集まる魚。

P1040435.jpg
オニハタタテ。
大きい個体しか見られなかった。
オーバーハングや暗がりでみられる。

P1040439.jpg
水面直下のミドリイシとテングカワハギ。
干潮時なので、こういう光景が見られる。

P1040444.jpg
ゴマハギ幼魚。
キイロハギのような黄化個体も、ちらほら。

P1040445.jpg
スミツキとサザナミ。
スミツキはミスジに次いで数が多い。

P1040497.jpg
ブルーのスギノキ。
実物の方が、ずっと綺麗だ。この手のは数多い。

P1040491.jpg
ハナガタを食べるウミヅキ。
ウミヅキは個体数が少なく、あまり見かけなかった。
そういえば、和歌山では馬鹿みたいに沢山みられるトノサマダイも少なかった。
沢山いるのは、ミスジ、スミツキ、ヤリカタギ、ゴマチョウ、フウライあたり。
次いでトゲ、カガミチョウ、アケボノなど。
ヤッコではナメラ、サザナミ。

P1040500.jpg
フトトゲサンゴ。
ある場所では、見られるトゲの全てがフトトゲだった。
かなり綺麗な群体もあり、アクアリストとしては涎モノである。

P1040509.jpg
アカハチハゼのペア。
採集しづらいが、何とか1匹採集した。

P1040520.jpg
この光景は、何度見てもいいね。

P1040526.jpg
綺麗なシライト。
直径45センチぐらいあった。

P1040537.jpg
パープル系。
干潮時で水面下20〜30センチというところ。
満潮時で水面下60〜80センチほどではないだろうか。

P1040539.jpg
干潮時に、かろうじて干上がらないような浅瀬にあったハタゴ。
カクレも入っている。
人が来ない海岸だったので、採集もされないのだろう。
私も見るだけに留めた。カクレなんて、採集しても仕方ないしね。

というわけで、画像は終了(ほんとはもっと沢山あるけど)。
できれば、また来年も訪問してみたい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/693-b4dea24c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。