2013 宮古島遠征 その1

2013年06月20日 16:17

昨年に続き、今年も宮古島に行ってきました。

P1040469.jpg
梅雨真っただ中であるにもかかわらず、行ってみると終日良い天気。
夜に雨が降ることはあったものの、旅行中の昼間は快晴でした。
天気予報では終日雨の予報でしたが。。。

P1040462.jpg
干上がったリーフ。とにかく綺麗。
海外のリーフを見に行くのもいいが、国内にこれだけ素晴らしいところがあるのだから、アクアリストだったら見に行くべき。ここを飛行機で素通りするなんて、もったいなさすぎる。

さて、早速に海中景観を。
例によって、撮影は全て嫁である。
P1040290.jpg
タマイタとハマクマ幼魚。
やっぱりハマクマは多いね。クマノミ類では個体数ナンバーワン。

P1040296.jpg
ミドリイシ。

P1040301.jpg
ミスジチョウはどこにでもいる。
海中で見るミスジは本当に綺麗でいい。一番好きな魚のひとつ。
ちょうどいいサイズの個体を1匹採集した。

P1040302.jpg
このぐらいの色彩のミドリイシは普通にある。
奥はショウガサンゴ。

P1040310.jpg
ヒメジャコ。
この程度の青系個体はどこにでもいた。
シラナミもあったが、そちらはグリーン系が多かった。

P1040311.jpg
ウネタケの一種。

P1040316.jpg
シライト。
透明なカクレエビが写っているのだが、分かるだろうか?

P1040341.jpg
アミチョウのペア。
大きな個体は額のブルーの発色が見どころ。
この特徴を引き出して飼育している人が、どれだけいるだろう。

P1040355.jpg
ブルー系ミドリイシ。
この程度のものは、どこにでもある。
実物の方が綺麗に見える。

P1040373.jpg
ウミキノコ。

P1040375.jpg
ミドリイシの周りにあるのはサンゴモドキ。

P1040388.jpg
セグロチョウの大型個体。
ものすごく格好良い。セグロを好きな採集家は多い。

P1040407.jpg
可憐なミナミハタタテ。
やや大きめの個体が多く、採集するまでには至らなかった。

P1040412.jpg
ミドリイシとデバスズメ幼魚の組み合わせ。
これは海中で見ると可愛らしくていい。
水槽でも再現したいが、デバ大きくなっちゃうしね。。。
3センチぐらいで止まれば最高なんだけど。

P1040413.jpg
ハナヤサイ。

スポンサーサイト


コメント

  1. 狩人 | URL | VJ4o0tac

    宮古島、良いですね!!

    もう7~8年行ってませんが 今もパワフルな海の様で安心しました!

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    良いところですよね。
    久しぶりに行かれてはどうでしょう?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/692-e779eb8e
この記事へのトラックバック