--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串本海中公園

2012年10月03日 22:41

P1020983.jpg
アクアリストには磯採集で有名な串本だが、水族館もある。

P1020986.jpg
入り口の水槽。
画像にも写っている、大きなアブラヤッコが良い。

P1020988.jpg
メイン水槽。
串本の海を再現した感じになっている。
レイアウトされているサンゴは、全て生きている。
サンゴも魚も、串本で見られる種類ばかりだ。

P1020995.jpg
ムレハタタテダイ。

P1020997.jpg
スナイソギンチャク。
美しい個体は飼育してみたくなるが、毒性が強く
これだけでの飼育になってしまう。
ちなみに、人工繁殖されている。

P1020998.jpg
キサンゴ水槽。
よくポリプが開いているが、給餌量のたまもの。
与える量は結構多い。

P1020999.jpg
ヤギ水槽。
状態良く飼育されている。

P1030001.jpg
タキゲンロクダイ。

P1030002.jpg
サンゴ水槽。
画像に写っているウミバラは、数十年も維持されている。
意外にも、サンゴ飼育のパイオニアでもあるのだ。

P1030003.jpg
各種棘皮動物の展示水槽。

P1030008.jpg
各魚種展示水槽。

P1030009.jpg
クルマダイ。
丸くて可愛らしい。

P1030010.jpg
甲殻類コーナー。
ワモンヤドカリの一種など、なにげにレア種がいる。

P1030011.jpg
コガネオニヤドカリも珍品。

P1030012.jpg
サンゴの展示水槽。。。ではなくて、
なんとサンゴに寄生するヒラムシの展示。
ヒラムシを展示するのは、ここぐらいなものか?

P1030019.jpg
トンネル水槽。
ヒラアジやマグロが泳ぐ。
トンネルの天井にハタタテダイや並チョウが張り付いていて
なかなか変わった景色を見ることができた。

P1030026.jpg
屋外にはウミガメ水槽が。
砂場もあり、繁殖もさせている。
近くに餌が販売されており、餌を与えることもできる。

P1030027.jpg
ウミガメの白変個体?

P1030034.jpg
海が静かなら、海中展望台から海底の様子を観察できる。
(画像の波状態では、展望台は閉鎖されている)
またグラスボートも出ており、串本の海中景観を楽しむことが可能だ。
イルカやペンギン、ジンベイザメなどの大型魚などはいないが、アクアリストならば、十分に楽しめる水族館だといえる。磯採集の帰りなどに寄ってみることをおすすめする。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/680-eba2cc54
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。