アクア用品について。その1 人工餌2

2012年01月31日 15:59

さて、数ある人工餌だが、たいていは封を開け、そのまま与えているだろう。
もちろん、それでもかまわないのだが、ここでひと工夫加えると
餌の食いが違ってくることがある。

粒餌や顆粒餌の場合、指で少し潰してから与えてみると、魚種や個体によっては
食いつき、興味の示し具合が異なってくることがある。
そのまま与えても反応が今ひとつな場合に、試してみる価値はある。
同様に、フレークを細かくしてみるのも有効だ。

また潰したり細かくするだけでなく、ふやかしてみてもいい。
ふやかす場合、水のみでもいいが、アサリなどの生餌や、冷凍餌などの汁に
浸すというのも効果がある。これを発展させたのが、餌の添加剤といえる。
市販の餌添加剤には有用なものがあるので、使ってみるといい。

つぶしたり、ふやかしたりすることは、人工餌だけでなく、クリルなどの
乾燥餌も、その対象だ。
クリルはそのままでは大き過ぎるので、多くの人が砕いて与えているだろう。
砕いてからふやかしたり、ふやかしてから細かく刻むのもありだ。
カサゴやカエルアンコウには、ふやかして長いピンセットを使って、目の前に
ちらつかせて餌付けしたりする。
肉食魚に与える場合、餌添加剤に浸したり、ペースト状にした人工餌を
注射器でクリルの殻内に充填したりすると栄養強化できる。
これは面倒な作業だが、効果はある。

人工餌は、そのまま与えるだけでなく、このようにひと工夫してやることで
魚の興味をそそってやることもできる。
色々と試してみるといいと思う。
スポンサーサイト


コメント

  1. Hon | URL | qbIq4rIg

    我が家では人工餌をふやかしたものに配合し、冷凍してから与えています。


    水分を含ませている事で魚への負担は少ないのではないかと思っていますがどうなんでしょうね

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    うちも、堅そうな粒餌は、ふやかして与えることが多いです。
    確かめたわけではないですが、ふやかすと内臓に負担がかからないかな?と思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/652-07bb07cd
この記事へのトラックバック