--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌レビュー

2005年12月07日 17:20

del.jpg

(有)デルフィスのデルマリンフード。左がSMサイズ、右がMサイズ。他にSサイズがある。餌の性質は沈下性。嗜好性も良く、人工餌に慣れた個体は実によく食べる。嗜好性を高めるためにニンニクエキスが配合されており、餌付けにも使える。ただMサイズのは沈むのが早すぎるため、沈んだ餌を積極的に食べないような魚にはイマイチ使えない。対して、SとSMは使い勝手がいい。全体的に、主食として使うのには優れた餌だ。なお、どのサイズも成分は同じ。画像のスプーンは付属のもの。

kent.jpg

ケントのリーフカーニ(左)とリーフハーブ(右)。画像はどちらもMサイズ。他にSサイズも有り。リーフカーニが肉食魚用、リーフハーブが草食魚用となっている。嗜好性はどちらもまずまずだが、リーフハーブの方が若干良いように感じられる。沈下性で、沈下速度はデルマリンよりも緩め。使用感などで特に気になる点はなく、良い餌だと言えるだろう。

sure.jpg

最近発売になった、(株)マリンテックのシュアーLとシュアーR。Lは文字通りLサイズのことで、かなり大きな粒になっている。対象魚種は主に大型ヤッコなど。粒は大きいものの、水に触れるとすぐに吸水して柔らかくなり、大きさの割に食べやすい餌となっている。大型ヤッコに与えるには最適だ。シュアーRの方は、サイズでいえばデルマリンのSMサイズ。今まではSとMのみで中間サイズが無かったが、ようやく使い勝手の良いサイズが出てくれた。L、Rともに成分、嗜好性などは従来のシュアーと変わらない。画像のスプーンは付属のもの。

今回は代表的な餌を紹介した。いずれも嗜好性などに大きな差はないように思う。どの餌も、使ってみて損はないだろう。
スポンサーサイト


コメント

  1. タク | URL | z8Ev11P6

    ケントのは使ったことがないですが、デルフィスのとシュアーは使ったことがあります。どちらもよく食べています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/6-45dbdf2c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。