--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメニセモチノウオ

2011年01月20日 15:32

Pseva_u0のコピー
(photo/J.E.Randall)


学名:Pseudocheilinus evanidus Jordan & Evermann, 1903
和名:ヒメニセモチノウオ
英名:ストライエイティッド・ラス Striated wrasse
全長8cm
インド洋~中部太平洋に分布

吻からエラブタにかけて1本の白いラインがあり、体側には細いラインが多数入るが、よく見ないと分からない。ニセモチノウオと同じくサンゴ礁をすみかとするが、ニセモチノウオよりも個体数は少ないようである。広い範囲に生息しているが、色彩変異はみられない。

飼育についてはニセモチノウオに準じる。

種小名は『消失した』という意味。他のニセモチノウオのように、明確なライン模様を持たないところから付けられたと思われる。英名は『細いスジのある』という意味で、体側の細いラインに由来。和名の『ヒメ』は、どこから付けられたのか不明。その体色からだろうか。
スポンサーサイト


コメント

  1. もちのすけ | URL | -

    こんにちは!!

    去年の南紀でこの子を台風後にタイドプールで
    たまたまの偶然で採集しましたが、1cmほどで
    あっという間に・・・でした。
    それ以来は見た事がありませんが、ニセモチノウオほど
    数はいないのでしょうか??

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    >ニセモチノウオほど数はいないのでしょうか??

    記事の通りです(笑)。

  3. アイスマン | URL | -

    始めまして、こんばんは。ボロカサゴの飼育を始めるきっかけになりました、これからもよろしくお願いいたします。リンク頂いていきますね。
    (*^^)/。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆アリガトー!

  4. 雪風 | URL | cKg/74mY

    こちらもリンクしました。
    今後とも宜しく御願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/594-0b5d4ccc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。