T間邸スイハイ その1

2009年09月01日 20:37

P1010440.jpg
アトリエの入り口にある剥製。全てT間さんの手作りである。
製作されてから、20年以上経っている。
T間さんは、60歳を過ぎているが、まだまだ現役のアクアリストだ。
もう50年以上、海水魚と向き合っている。凄いの一言。
私など、まだまだ及ばない。

剥製には、自家採集された魚も混じっている。
ちなみに、まだ当時未記載種だったイトマンクロユリハゼなども採集されており
それらの新種記載にも一役かっている。

P1010529.jpg
これはゲンロクダイ。

P1010442.jpg
オウギチョウ。

P1010531.jpg
ハクテンカタギの成魚。
グラデーションがよく再現されている。

P1010444.jpg
日本に最初に輸入されたシマスミレ。
現Magic店長のS本氏が飼育していた個体。
当時の販売価格は、なんと1万円だった。
ハイブリッド種は、昔は評価が低かったため、価格も安かった。
剥製として、しっかり残されているところが素晴らしい。

P1010448.jpg
ノコギリザメ。これも珍品である。

P1010441.jpg
日本に最初に輸入されたロードハウバタフライ。
貴重な剥製だ。
当時T間さんは、スリーストライプバタフライを注文していたが、それが来なく
このロードハウが替わりに来たのだそう。
価格は15000円。今来たら、いったいいくらの値が付くのだろう?

P1010539.jpg
生前のロードハウの写真。
昔の写真のため、色褪せてしまっているが、元気だった様子が
伝わってくる写真だ。
当時としてはレアなベルス、マルチカラー、レンテンの姿も見える。

P1010534.jpg
魚をモチーフにした絵も描かれている。
T間さんの、魚に対する思いがにじみでているような絵だ。
スポンサーサイト


コメント

  1. かっしぃ。 | URL | -

    うぉおおおおっっっっ!!!!

    剥製のゲンロクダイは、
    どこで採れた個体なんでしょうか????

    凄すぎる(滝汗)


  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ゲンロクダイは、近海物ですよ。
    剥製の色は、彩色されてますので、実際の体色とは少々異なってますよ。

    次は、いよいよ水槽の紹介です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/500-f3aa4001
この記事へのトラックバック