フラッグテール・ダートフィッシュ

2009年07月08日 13:35

Pturo_u0.jpg
(Photo/J.E.Randall)

学名:Ptereleotris uroditaenia Randall & Hoese, 1985
和名:なし
英名:フラッグテール・ダートフィッシュ Flagtail dartfish
全長10cm
西部太平洋に分布

青く輝く体色が美しいクロユリハゼの仲間。尾ビレの模様が特徴的で、尾ビレ上下に黒い斑紋が入る。背ビレの軟条は伸長し、各ヒレを広げた姿は素晴らしく美しい。水深18~35mと、やや深い砂礫底や砂泥底に生息する。あまり群れは作らず、単独で行動することが多い。

以前はほとんど入荷しないハゼで価格も高価だったが、近年はたまにまとまって入荷するようになり、価格もかなり安価になった。飼育そのものはさほど難しくないが、飛び出しが非常に多いので、水槽にフタは必須。わずかな隙間からも飛び出したりするので注意したい。また性格が温和なため、スズメダイやニセスズメ、中型以上のベラ、中型以上のハナダイなどとは組み合わせない方が無難。プレッシャーを受けると、岩陰から出てこなくなることも多い。

種小名は「尾の帯」というような意味で、尾ビレの模様に由来。英名も同様。ちなみにクロユリハゼの仲間は日本のアクアリウムではダートゴビーと呼ばれるが、海外ではダートフィッシュとされることが多い。
スポンサーサイト


コメント

  1. そら | URL | 99DFA69w

    このハゼもちょっと変わってそうですね、綺麗そうだし、入荷したら見に行ってみます。

    ハゼ類は、ピンとヒレを張るとハッとするほど綺麗だったり(美しさがドブネズミみたいなやつも中にはいますが(^^))、
    意外と長生きするやつもいるし、変わってるのもいて面白いですね(^^)

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ■そらさん
    ショップの入荷情報をこまめにチェックしていれば、さほど苦労せずに入手できると思いますよ。

    ハゼは種類も多いですし、色彩や生態など色々な面で、かなり楽しめる魚たちです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/488-d1b1c121
この記事へのトラックバック