イエローフェイス・ソープフィッシュ

2009年03月12日 19:31

Didra1.jpg
(photo/J.E.Randall)

Didra2.jpg
(photo/J.E.Randall)

学名:Diploprion drachi Roux-Estève, 1955
和名:なし 
英名:イエローフェイス・ソープフィッシュ Yellowface soapfish
全長14cm
紅海およびアデン湾に分布

本属は、キハッソクと本種の2種のみで構成される。本種は紅海と、その入り口であるアデン湾のみでみられる種。キハッソクよりも小型である。第1背ビレから、第2背ビレ基部にかけて黒く太いラインが入ることと、顔面が黄色い点が特徴。生息水深は、3~40メートル。比較的浅い場所でよくみられる。単独、あるいはペアで行動する。主に小魚や甲殻類を食べる肉食性。

ごく稀に観賞魚として輸入されることがある。飼育はキハッソクと同様に容易。ただし低めの水温だと、白点病になりやすいようだ。

種小名は人物名。英名は顔面の色彩に由来。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/474-2def74d7
    この記事へのトラックバック