--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオバナサンゴ2種

2009年01月09日 12:47

オオバナは1種類ではなく、2種類あるのをご存知だろうか。

oobana1.jpg
こちら、いわゆるオオバナ Trachyphyllia geoffroyi である。
正式和名はヒユサンゴ。「オオバナ」はアクアリウム界だけの通称名だ。
温帯から熱帯域まで幅広く分布。

oobana2.jpg
こちらは英名オープンブレインコーラル Trachyphyllia radiata と呼ばれる種。
日本には生息しないので、和名は無い。
Trachyphyllia 属ではなく、Wellsophyllia 属とされる場合もある。
骨格のうねりが大きく、脳状になる。底部はフラットな形状。
上から見ると、円形に近い。
スポンサーサイト


コメント

  1. マーシャ | URL | -

    一月も既に半ばと言うのに・・・

    新年明けまして・・あ、今喪中ですよねm(_ _)m

    ご挨拶遅れました。昨日でやっとお店が一段落しましたよ。

    そして記事。お魚屋さんブログにしては珍しい(笑)

    今年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    今年も宜しくですよ。
    たまにはサンゴの記事もいいでしょう(笑)。

  3. 狩人 | URL | VJ4o0tac

    下のほうが 脳ミソっぽくて好きですね!!

  4. POE | URL | BW3s9fYE

    >こちら、いわゆるオオバナ Trachyphyllia geoffroty である。

    Trachyphyllia geoffroyiですよ~。
    スペルが・・・。(^・^;)

    >オオバナは1種類ではなく、2種類あるのをご存知だろうか。

    僕は1属1種だと思いますよ。
    日本近海のオオバナも似たような骨格の個体はありますし・・・。
    かの「細かく分類しちゃう病」のJEN VeronですらPichonの説は支持せず、1属1種を唱えてますしね。
    ところで雪風さん、「Sea Life Base」は知ってます?
    http://sealifebase.org/
    サンゴや甲殻類等、海性生物のデータベースで物凄い情報量です。
    Fish Base同様、沢山の研究者が協力してます。
    ここでもTrachyphyllia属は1種とされてます。
    ヤドカリもここで調べればバッチリ!
    是非、ブックマークして下さい。

  5. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ■狩人さん
    色の好み、形状の好みは個人で大きく違いますね。
    私も脳ミソっぽい方が好きです(笑)。

    ■POEさん
    >Trachyphyllia geoffroyiですよ~。
    スペルが・・・。(^・^;)

    あ~~~(^^;;;。
    修正しました。

    >僕は1属1種だと思いますよ。

    うーん、私は2種類支持派なのです。
    コハナガタが、Indophyllia と Cynarina に分かれているように。ですね。
    コハナガタが分けられているならば、オオバナも分けられて良いのでは? と思うのですよ。

    >ところで雪風さん、「Sea Life Base」は知ってます?

    ええ。「Fish Base」の無脊椎版ですね。
    重宝してますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/466-6af8e47d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。