あやの邸スイハイ

2009年01月06日 14:11

IMG_0823.jpg
メインの水槽。サイズは45センチキューブ。
ソフトコーラルを中心に、ミドリイシやコモンサンゴなども少々入っている。
魚は20匹ほどと多く、かなりにぎやか。
中でも、マニラ産のシマヤッコやニシキヤッコを、きちんと餌付けているあたりは大したものである。私が手伝っているのでは?、と思う向きもあるだろうが、趣味なので餌付けや管理面など手助けしていない。個体選びも自分でしているので、選別眼もしっかりとある。

ブルーエンゼルはこの水槽では成長すると狭くなってしまうが、近いうちに水槽を大きくする計画があるそうだ。シマヤッコは飼育2年の個体。最初は3センチ弱だったそうだが、今では5センチ程度になっている。

IMG_0830.jpg
メインのシステムはDSB。
設置して3年目で、これだけの生体量にもかかわらず、リン酸は0.2mgと低い数値を維持している。これは、ほぼ毎週の換水に支えられていることもあるが、ライブロックを少なくし、砂の露出面を大きくとって、DSBの効果を引き出しているためだろう。エアレーションと水流もポイント。

IMG_0831.jpg
照明はスーパークールが1灯と、LEDが1灯。
十分な光量だが、球はもう交換時期。
左側に見える蛍光灯は、LPS水槽のもの。

IMG_0834.jpg
ニシキアナゴ。
これも、しっかりと人工餌に餌付いている点が素晴らしい。
こういった魚が多数入っている水槽だと、出てこなくなってしまうこともあるが、この個体は臆せず他の魚と一緒に人工餌を積極的に食べている。

IMG_0836.jpg
よく太ったスポッテッドマンダリン。
この水槽の一番の古株。5年ほど飼育されている。

IMG_0826.jpg
オオバナ、コハナガタを中心としたLPS水槽。
小型水槽ながら、よく管理されている。やはり頻繁な換水がポイント。
システムは外掛けフィルター。これでも十分に飼育できる。
照明は20W2本とLED。光量は足りている。

IMG_0857.jpg
LPS水槽の住人、アカメハゼ。
人工餌をしっかりと食べている。
この他、オドリハゼ、ホワイトバンデット・シャープノーズラスなどがいる。
それてもにしても、どの水槽も魚種の選択がマニアックだ。

IMG_0878.jpg
アワサンゴをメインに集めた小型水槽。
照明はJUNコーポレーションのLEDと、小型蛍光灯。
システムは外掛けだが、中身はリングろ材に変更されている。
こちらも水換えで維持されている。
こういった小型水槽は、水換えでの維持が普通。

IMG_0853.jpg
アワ水槽の住人、フリルフィンターキーフィッシュ。
ミノカサゴの一種だが、もしかすると交雑個体の可能性もある。
この他、ルリヤッコとカクレクマノミが同居。カクレクマノミは、ミノカサゴの口に入るサイズであるにもかかわらず、食べられてしまうことがない。同居を始めた頃はミノカサゴも小さく、カクレが食べられることもなかったのだが、成長しても食べられていない。ところが、他のスズメダイなどを入れると食べてしまうという。不思議なことだ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 雪風 | URL | cKg/74mY

    あれ? 辛口が無い(^^;;;

  2. あやの | URL | -

    あっ 載せられてしまったっ(*/_\*)

    ありがとうございます。

    これを肝に ますます精進いたします。(笑゜。(p>∧<q)。゜゜
    (何を肝に。。)

    ★『ミノチン』の画像。
    現像して、、 ください!(●^ー^●)

  3. 雪風 | URL | cKg/74mY

    今後とも精進して下さいまし。

    画像は現像しておくよ(^^)。

  4. 狩人 | URL | VJ4o0tac

    新年あけましておめでとうございます

    昨年はお世話になりました
    今年もどうぞよろしくお願い致します。

  5. 雪風 | URL | cKg/74mY

    狩人さん
    今年も宜しく御願い致します。
    さらなる進化に期待しています(^^)/

  6. 狩人 | URL | VJ4o0tac

    ありがとうございます
    今年もがんばります

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/465-bba7b2a2
この記事へのトラックバック