--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナスズキの一種

2008年01月28日 22:11

l-flavi.jpg
(photo/J.E.Randall)

学名:Liopropoma flavidum Randall & Taylor, 1988
和名:なし
英名:不明
全長8cm
中部太平洋に分布

本種も体やヒレに模様を持たない種である。全体が鮮やかな黄色に彩られ、非常に美しい。発見例はわずかで、詳しいことは何も分かっていない。生息水深は深いようで、50mよりも深いところで採集されるらしい。

日本へは以前、クック便で1匹のみが入荷したことがある。その個体はマリンアクアリスト誌に掲載されたこともあるので、写真を見た人もいるであろう。綺麗な色彩のハナスズキであるが、今後の入荷は望めない。入荷すれば、間違いなく高い人気を得るハナスズキだ。

種小名は「黄色の、金色の」という意味。その体色が由来となっている。英名は不明。日本のマニアなアクアリストの間では、フラビニューム・バスレットと呼ばれている。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/361-687b5b55
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。