--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモハナスズキ

2008年01月28日 21:51

l-pallidum.jpg
(photo/J.E.Randall)

学名:Liopropoma pallidum (Fowler, 1938)
和名:モモハナスズキ
英名:パリッド・バスレット Pallid basslet
全長8cm
太平洋に分布

本種はLiopropoma mitratum同様、体やヒレに目立った模様を持たない。体後半が、赤みがかっているのが特徴であるが、個体によっては赤みの弱いものもいる。臆病なためか、標本写真以外の生態写真は見当たらない。水深6~40mの範囲で記録されている。同属他種と同様、礁斜面の暗がりや洞窟などを好むものと思われる。

知る限りでは、観賞魚としての入荷は無い。生息範囲や水深からして、コスジハナスズキなどと混獲されても不思議ではないのだが。体後半の赤みが綺麗であれば、そこそこ人気も出そうな気がする。

種小名は「青ざめた、淡い」といった意味で、体前半が青ざめたように見えるところからだと思われる。英名も同様。和名は体後半の色彩に由来。
スポンサーサイト


コメント

  1. まこと | URL | -

    雪風さん。こんばんわ。
    和名がついているという事は、日本でも捕獲されているのですね。生時の色彩をぜひ見てみたいものです。

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    日本では小笠原などから報告されています。生時の体色は興味がありますね。意外に綺麗な魚なのではないかと思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/360-681ca888
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。