--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光触媒その2

2006年01月30日 23:07

前回の記事

さて一週間経ちました。

投入した当初は、やはり説明を受けたように、下のろ過槽が少々泡立った。
現在は落ち着いているが、投入前に比べると泡が多い。
確かにスキマー付きの水槽には向かないようだ。

サザナミヤッコやウミキノコなどの生体には変化無し。
水自体は、若干透明度が上がったか?とも思える。
見た目で一番顕著な変化は、コケの生える速度が非常に遅くなったこと。
いままでだと掃除して一週間もすると、うっすらとコケむして視界が悪くなった。
ところが掃除した前面では、所々にコケが薄く生えているのみ。
魚水槽のコケ対策アイテムとしては、かなり良い感触。
もともと白点は出ていない水槽だったので、病気予防に
どれだけの効果があるのかは未知数だ。

テスターでの測定は
硝酸塩30mg/l
pH8.0
投入以前と、ほとんど変わらない数値だった。

ちなみに照明は、32wが2灯(BB450とBG82)。
近いうちにメタハラ150wに変更予定。
光が強くなると、また変化が出るかもしれない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/36-b4c376d0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。