--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズタマヤッコ

2007年12月17日 20:00

Getak_u0のコピー
オス個体(photo/J.E.Randall)

Getak_u1のコピー
メス個体(photo/J.E.Randall)

学名:Genicanthus takeuchii Pyle, 1997
和名:ミズタマヤッコ
英名:不明
全長35cm
小笠原諸島、南鳥島に分布

本属の中では、最も新しく発見された種。小笠原諸島のみから知られ、他地域からは記録が無い。他のゲニカントゥス属と同様、ハーレムを構成して生活する。幼魚はメスに似るが、斑紋はずっと大柄でスポット状の模様になっている。水深30m以深でみられるが、もっと浅い場所かでも観察されている。

観賞魚としての入荷は未だ無く、水族館などでの飼育もなされていない。

種小名は人物名で、水中写真家の武内宏司氏にちなむ。和名はオスの尾ビレの模様から。
スポンサーサイト


コメント

  1. 雪風 | URL | cKg/74mY

    これにてゲニカントゥス属は完了です。

  2. あやの | URL | -

    ミズタマヤッコの幼魚が 良いです☆

  3. としぞう | URL | -

    雪風さん、初めまして。
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    最近MAを読み返していまして、ミズタマヤッコというのを見てなんだろうと想像していたところでした。そんなところで拝見できて驚きです。貴重な画像ありがとうございます!

  4. 〇〇りあーの | URL | -

    自分もMA誌で幼魚を見て、それ以来ミズタマに惹かれています。
    が、メスってはじめて見ましたが、ホントに同じ魚かよっ!!というぐらい全然違いますね。勉強になります。

  5. 松井 | URL | -

    せめて水族館くらいでは、飼育して欲しいなぁ。

  6. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ■あやのさん
    幼魚は可愛いですが、入荷したら可愛くない値段が付くでしょう(笑)。

    ■としぞうさん
    いらっしゃいませ。
    ミズタマヤッコは、マニア垂涎の魚ですね。私も飼育してみたいと思いますが、まあ実現はしないでしょう。色々な意味で。

    ■〇〇りあーのさん
    幼魚には皆さん惹かれるようですね。
    あの模様はかなり良いです。
    オスの色合いも、結構良いと思いますが。

    ■松井さん
    そうですねぇ。ホームアクアリウムでの飼育は難しくても、水族館で見れるようにはなってもらいたいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/350-c554198d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。