良い梱包 その5

2007年08月14日 02:31

今回は大阪のショップ。アキュリからの荷物。
aquarie-1.jpg
外見は普通。
注意書きは十分だ。

aquarie-2.jpg
中身はなんと二重に。
酷暑期や厳寒期、あるいは遠隔地への発送、希少種で代替魚がいない場合などに、この梱包方法で発送する場合がある。最もベストな梱包方法のひとつだが、ショップ側としてはいつでもできる梱包ではない(サイズの合う発泡箱の調達や、手間の面で)。私自身も、この二重梱包はやったことがあるが、箱のサイズを合わせるのが一番大変だった。

aquarie-3.jpg
生体は中の発泡箱に。
箱と箱の間、またパッキング袋が動かないように新聞紙を詰めている。

aquarie-4.jpg
保冷材は、新聞紙にくるまれた冷凍ペットボトル2本。
箱と箱の間に配置。この時点でも、まだ凍っていた。
保冷効果は抜群で、袋の水温は上昇せず、良好そのもの。
もちろん、中の生体も無事に到着。

この時期のような極端な気温の中での発送は、ショップ側を悩ませるもの。遠方への発送では、梱包に工夫を凝らすショップが少なくない。このような時期の発送では、そのショップの梱包技術や配慮などがよくわかって面白い。
スポンサーサイト


コメント

  1. toshi-14 | URL | ODiuZLVs

    二重に梱包がされているのですか!
    かなり良心的で驚きです♪

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    toshi-14 さん

    前回、アキュリでオレンジストライプバスを入手したときは、普通スタイルの良い梱包でした。このような二重梱包での発送は少ないはずです。今回はモノがモノでしたので、こうなったのでしょう。

  3. toshi-14 | URL | ODiuZLVs

    前回は違う梱包の仕方だったんですね。
    どんな物を買われたんですか?
    ブログでの紹介楽しみにしています♪

  4. 雪風 | URL | cKg/74mY

    >どんな物を買われたんですか?

    近日中にUP予定です。

  5. sumire | URL | -

    リンク。

    有難うございました☆

  6. Tetsuo | URL | -

    まさか!?あれか!?

  7. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ■sumireさん
    今後とも宜しくです。

    ■Tetsuoさん
    UPしておきました。
    アレですよ(笑)。

  8. Tetsuo | URL | -

    独房行き決定の魚ですね。

    でかい個体ですから雪風さんは無理かなと思っていたのですが…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/314-cd1c2ad7
この記事へのトラックバック