--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタタテハゼ

2007年07月17日 01:43

magni-seychelles.jpg
セイシェル産(photo/J.E.Randall)

学名:Nemateleotris magnifica Fowler, 1938
和名:ハタタテハゼ
英名:ファイアフィッシュ Firefish
全長:8cm
インド洋~太平洋熱帯域に広く分布

ハタタテハゼ属3種の中では、最も分布域が広い。しかしアケボノハゼのように、太平洋とインド洋とで色彩が異なることはない。3種中、最も第一背ビレが伸長するのが本種の特徴。また尾ビレの形状も、本種のみラウンドテールとなっている。大抵は単独またはペアで行動するが、小さいうちは数匹の群れをつくることもある。水深は6~70mの広い範囲でみられる。3種中、最も浅い深度でみることのできる種だ。

飼育はシコンハタタテハゼ、アケボノハゼに準じる。3種中では最も性格的に弱いため、タンクメイトはできるだけ温和な種を選びたい。病気にかかりにくい丈夫な種だが、飛び出して死ぬ例が非常に多く、水槽飼育での死亡例のトップは飛び出しである。

種小名は「素晴らしい、荘厳な」という意味。体色にちなんでいる。英名も体色から。和名は長く伸びた背ビレから付けられている。
スポンサーサイト


コメント

  1. Tetsuo | URL | -

    実はこの3種ではハタタテが一番好き。種小名の「素晴らしい、荘厳な」はまさにこの魚のためにあります。

    しかし、雪風さんがお書きのように本当に性格が弱いのが難点。水槽の水換えしていたら、いつの間に新鮮な干物になっていたこともありました。

    そう言えば地域変異がいませんね。気付きませんでした。

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    Tetsuoさん

    他の2種には変異があるのに、ハタタテには無いんですよね。
    不思議です。

    私はアケボノハゼが一番好きですね。
    インド洋型ではなく、太平洋型が好きです。

  3. 瀧音 | URL | lHI8H0U6

     私ははやりハタタテかなぁ
    日本水槽ってイメージで名前を
    意識して”アケボノ”にしようかと
    考えたけど、水槽を泳いでいる
    姿でやはりこちらに惹かれました。
    で、死亡率トップは飛び出しですか
    やっぱり拘束具つけようっかな?

  4. 雪風 | URL | cKg/74mY

    瀧音さん

    ハタタテは、伸びた背ビレが優雅な感じがしますね。尾ビレのラウンドテールが、可憐さをUPしているのだと思います。

    飛び出しは本当に多いですよ。
    お気をつけ下さい。

  5. TAK | URL | z8Ev11P6

    僕もハタタテがとても好きです。
    最初に飼った魚だし、
    デリケートでやさしい感じが素敵です。

  6. 雪風 | URL | cKg/74mY

    TAK氏

    ハタタテは可憐で良いですね。
    飛び出しさえ無ければ・・・。
    ま、その弱さも魅力のひとつかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/305-eb23a6b0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。