レスプレンデント・アンシアス

2007年06月21日 15:03

Ps.pulche-male-1.jpg
オス個体(photo/J.E.Randall)

Ps.pulche-male-2.jpg
オス個体(photo/J.E.Randall)

Ps.pulche-female.jpg
メス個体(photo/J.E.Randall)

学名:Pseudanthias pulcherrimus (Heemstra & Randall, 1986)
和名:なし
英名:レスプレンデント・アンシアス Resplendent Anthias
全長:7cm
モルジブから西部インド洋にかけて分布

フチドリハナダイのインド洋バージョンともいえる種。オスはフチドリよりも黄色みが強く、特に背ビレ全体が黄色い点で容易に区別ができる。メスはフチドリとほとんど同じで、混ぜてしまったら区別がつかないほど似ている。水深15~70mの範囲でみられるが、30m前後の水深に最も多い。

観賞魚としてコンスタントに入荷し、価格面でも求めやすい。入荷したばかりの個体は減圧症が出ていたりするため、よく状態を見極めてから入手したい。落ち着いてしまえば飼いやすいハナダイだ。フチドリと同じく気が強いため、他のハナダイや温和なハタタテハゼなどとの混泳には注意。照明の強い水槽で飼育していると、あっというまに背中が黒ずんでしまうのが難点。陰日性サンゴなどをレイアウトし、照明を落とした水槽で飼育するべきである。

種小名は「美しい」あるいは「高貴な」という意味。英名は「輝く」という意味。どちらも美しい体色に由来したものである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/295-649da626
    この記事へのトラックバック