"フラッシング・コリス"

2007年05月14日 02:02

hewet-male.jpg
オス(photo/J.E.Randall)

hewet-fem.jpg
メス(photo/J.E.Randall)

学名:Coris hewetti Randall, 1999
和名:なし
英名:不明
全長:約15cm
マルケサス諸島のみに分布

マルケサス・コリス同様、本種もマルケサス諸島の固有種。最大でも20cmに満たない種で、Coris属としては小型である。メスは至って地味だが、オスは背ビレと尻ビレが大きくなり、体色も美しくなる。大きなヒレを広げてメスに対してディスプレイし、瞬時に体色を変えることができる。まるでクジャクベラのような行動をみせるが、Coris属でこのようなディスプレイをする種は他にいない。かなり変わった種だといえるだろう。浅瀬から40mまでの幅広い水深でみられ、群れで生活する。

観賞魚としての入荷はまだないが、オスは非常に魅力的で、観賞魚としての資質を十分に備えている。水槽内でディスプレイを観察してみたいベラであるが、輸入される可能性は極めて低い。

種小名は人物名。英名は不明。「フラッシング・コリス」は、当ブログで便宜上付けた名称で、何ら正式なものではない。
スポンサーサイト


コメント

  1. HTanaka | URL | p6XL2UoU

    青く光る魚

     この魚は一度飼ってみたい種類です。でも遠隔地なので難しいでしょう。

     雄は全身が青く光るのですね。最初に見たダイヴァーはイトヒキベラの仲間だと確信したそうです。

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    飼ってはみたいですが、まず商業ルートにはならないでしょうね。マルケサスのフレーム・エンゼルのバリエーションなんかも見てみたいのですが。

    >最初に見たダイヴァーはイトヒキベラの仲間だと確信したそうです。

    行動からしてイトヒキベラのようですからね。間違うのも無理ないかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/279-dc2be616
この記事へのトラックバック