ボロカサゴ類の飼育法

2007年03月05日 01:20

P1010006_1.jpg
ボロカサゴ。パープルとイエローの個体。

P1010008_1.jpg
エッシュマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ

P1010012_1.jpg
エッシュマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ

esch-u.jpg
エッシュマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ
■まず最初に
 ボロカサゴ類を飼育する際には、個体そのものも高価なのだが、餌代がかなりかかるという点も考えなければいけない。なにしろ、クリルやイカの切り身を食べてくれることが非常に少なく、まず生きた魚やエビを与えなくてはならないからだ。餌を採集に頼ると安上がりのように思えるが、採りに行く手間や餌魚用水槽もきちんとしたものを用意しなければならず、意外にスペースや維持費用がかかる。この点を十分に考慮しておかないと、すぐに手放すことにもなる。飼育の前に、維持管理がきちんとできるかどうかを、十分に検討してから飼育に臨みたい。

■水槽設備など
水槽サイズは、10cm前後の個体を飼育するのであれば、45cm水槽でも十分。20cm近い最大個体でも、単独ならば60cm規格水槽で飼育可能である。個体のサイズに比べて水槽サイズが小さくて済むのは、あまり動き回らないため。
大型個体のペア、あるいは複数匹飼育でも60×45×45~90cm規格水槽ぐらいの大きさがあれば十分だろう。餌の捕食しやすさなどを考えれば、水槽の高さはさほど高さはない方が良く、30cmくらいあればいいだろう。あるいは底砂を厚く敷いて(DSBなど)、実質的な水深を浅くしてしまってもよい。岩組みは複雑でない方が餌の小魚を食べやすい。また、あまりゴチャゴチャとしたレイアウトだと、アゴを傷つけてしまうことがあるので、そういった面からもシンプルなレイアウトにしておきたい。
濾過システムは、まともに濾過が機能するものであれば問題ない。ベルリンシステムなどの強制フィルターの無いシステムの場合は、少なくともセット後半年ほどして、ある程度安定してきてから個体を導入すべき。水換えは当然のように定期的に行い、清浄な状態を保つことは言うまでもない。

照明は20Wの蛍光灯が1~2本あれば十分。メタハラなど強い照明は不要。球の種類については、色彩維持の項目を参照のこと。水温は20~25度の範囲であれば、特に問題は起きない。もともと少し深い場所に生息するため、あまり水温が高くなるとまずい。

■してはいけないこと
・メタハラの光を当てる
6500Kや10000Kあたりの白系のメタハラ(特に250W)があまりよくない。 かなり落ち着きがなくなり、あちらこちらと動きまわる。普段動かない魚が動き回るのはかなり体力を消耗するらしく、餌をきちんと食べていたとしても背中が痩せてきてしまう。また、特徴ある体色を損なう結果にもなるので注意したい。
・混泳
ヤッコやチョウチョウウオなどと一緒にする人はいないと思うが念のため。同じ仲間のカサゴやオコゼなどとは争うことはまず無いが、狭い水槽に色々と収容すると、オコゼの棘に刺されて大きなダメージを負うこともあるので注意したい。またオス同士の複数飼育は、激しく闘争をするので困難(外見での判別が付かないので、事前に避けることは難しいが)。

■病気など
海水魚につきものの白点病にはあまりかからず、この点は非常にありがたい。ボロカサゴ類で一番多いトラブルが、アゴに関するケガ。アゴのケガは、特に入荷してまもない大きめの個体によくみられる。下アゴを水槽面や岩にぶつけて、炎症を起こす個体が意外と多い。軽度であれば、エルバージュ浴を行うことで完治することが多いが、重傷になるとアゴのケガから死に至りやすい。アゴに傷を見つけたら、早い段階で薬浴して治療するのがベスト。カサゴは比較的薬品耐性があるが、エルバージュなどは規定量よりも、やや少なく用いる方が無難。

この他、病気ではないが餌の不良による死亡がある。特に市販のスズメダイの場合、販売水槽内で銅イオンなどの薬品を高い濃度で使用していたりすると、それを食べたカサゴが死亡することがある。スズメダイは入手後すぐに与えず、数日間は新しい海水で薬気を抜いてからにすると安全。なお、食べ過ぎで死ぬことがあると言われるが、健康的な個体であれば、食べ過ぎで死ぬようなことはまずない。

■餌
 基本的には入手のしやすさなどを考えると、デバスズメやコバルトスズメなどのスズメダイ類を主に与えることになるだろう。他に磯採集に行ったときにはドロメやアゴハゼ、メジナ幼魚、ボラ幼魚などを餌用に採集して、別水槽にストックしておくといい。特にハゼやボラは消化が良く、非常に良い餌である。

 海が近い人ならば、夏場は可能な限り、磯採集に行って餌を確保することをおすすめする。ストックした餌用魚には人工餌を与え、栄養的バランスを取ってから与えるようにするとベスト。痩せ細った魚を与えても、身にはならない。なお採集してきた餌用魚は、必ず淡水浴や薬浴を行っておきたい。ヒラムシ(ベネデニア)などの寄生虫の侵入を防ぐためだ。磯で採集できるハゼやボラなどの幼魚は、時期によっては寄生虫の宝庫になっていることもあるため、淡水浴は必ず行うようにしたい。
餌はだいたい週に1~2回。飼い始めのころは与える量を少なめに、週3回くらい給餌するといい。飼育当初に、あまりいっぺんに与えると吐き出してしまうことがあるからだ。小型個体には、消化のいいハゼ類を与えることができればベスト。スズメダイでは、入手性の良さと価格面から考え、デバスズメかコバルトスズメを与えるのが普通。もちろん、シリキルリスズメやミツボシクロスズメなどでもよい。
イソスジエビの小さめのものも良い餌だが、個体によっては余りエビを好まないものもいる。いずれにしても、数種類の餌を与えて変化をつけるのは良いことである。なお、エビ類はストック当初は意外に水を汚すので、ストック水槽(あるいはバケツ)の水質管理には注意したい。

■餌にしてはいけない魚
・キハッソクなど
 皮膚毒があるのでこれらのハタ類やソープフィッシュは駄目。
・サンゴハゼ、コバンハゼ類
 皮膚毒を持つので与えてはいけない。小さいイザリウオなどにはサイズもいいのでつい与えてしまう人もいるが、食べた魚はまず間違い無く死んでしまう。
・ハコフグ、フグ
 これらも、もちろん毒があるので与えるべきではない。
・ゴンズイ
 これも磯で採集できる。ヒレに毒があるのだが、イザリウオなど食べてもなんともない魚も多い。大事をとるなら与えない方が無難。
・トウゴロイワシ
 磯で採集できるのだが、脂が多いようなのでたくさん与えるのは控えた方がよい。

■脱皮
ボロカサゴ類は、定期的に表皮がはがれ落ちる「脱皮」をすることでも知られている。はがれた表皮は時間が経つと分解されてしまうが、はがれ落ちてすぐは意外な丈夫さがある。大型個体では量も多く、ときとしてポンプの吸い込み口に詰まって、流量を大幅に落としたりすることがある。そうなるとトラブルの原因にもなりかねないため、パワーヘッドやフィルターポンプのストレーナーには、スポンジを付けるなどの対処をしておくと、かなり安全だ。また小型オーバーフロー水槽では、フローパイプが細い場合に表皮が詰まってしまうことがある。そうなると漏水してしまうため、詰まり防止の対処が必要だ。

■色彩維持
ボロカサゴ類は、レッドやパープル、ピンクといった魅力的な色合いをした個体が多い。これらの体色を維持するには、ブルー系の蛍光灯をメインにして照射してやるとよい。またベージュ色の個体にブルーの蛍光灯を照射すると、パープルやピンクに色変わりすることが多い。しかし、レッドになることは非常に少ない。ただ、紅藻をレイアウトに用いると、レッド系の色合いに近づけることはできる。またボロカサゴの場合、海藻を茂らせた水槽に収容すると、特徴的な皮弁が発達してくる。カウレルパなどの緑藻では体色は緑褐色に、紅藻ではレッドパープル系に変化することが多い。
数は少ないが、イエローやゴールドといった色彩変異もみられる。これらの色を維持するには、イエロースポンジやオレンジスポンジを多めにレイアウトし、6500kのやや黄色い光の蛍光灯を照射すると、体色を維持しやすくなる。

スポンサーサイト


コメント

  1. たま | URL | pn.FNN1k

    赤エッシュマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ
    青エッシュマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ
    黄エッシュマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ

    早口言葉ですね?(^^;

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    まったく、たまさんならではの見方・・・(笑)。

  3. ソラ | URL | -

    ボロカサゴって凄いですね~
    2回くらいしか見た事無いのですが、モンスターが現れた。でした。

    >イエロースポンジやオレンジスポンジを多めにレイアウトし、

    なるほど~。。。
    また凄い納得してしまいました。

  4. marusei | URL | npEE2umM

    まるでセルロイドかなにかで出来ているような、まさに芸術品ですね~!
    一度は飼ってみたいと思うも、餌に困りそうな気がして、中々踏み出せません・・・^^;
    前に、何かの本だったか、ネットだったか忘れましたが、メダカを海水に慣らした海水メダカを作り
    それを与えていると言うのを読んだ記憶があります。
    と言うことは、別に金魚なんかでもかまわないのかな?とも思いましたが、どんなものなんでしょうね~(笑)

  5. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ■ソラさん
    なかなか面白い魚ですよ。
    この仲間は周囲の環境で色が変わったりするのが面白いところです。

    ■maruseiさん
    あまり淡水魚を餌にするのはよくないです。海水魚用の餌で栄養強化すれば、何とか大丈夫そうな気はしますが、実験してみる気はないです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/240-3493472d
この記事へのトラックバック

アゴハゼアゴハゼ生物の分類|分類界:動物界 Animalia門:脊索動物門 Chordata亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata上綱:魚類|魚上綱 Pisciformes綱:硬骨魚綱 Osteichthyes目:スズキ目 Perciformes亜目:ハゼ亜目 Gobioidei科:ハゼ科 Gob

アゴハゼアゴハゼ生物の分類|分類界:動物界 Animalia門:脊索動物門 Chordata亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata上綱:魚類|魚上綱 Pisciformes綱:硬骨魚綱 Osteichthyes目:スズキ目 Perciformes亜目:ハゼ亜目 Gobioidei科:ハゼ科 Gob