--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシャレハナダイ

2006年11月28日 14:16

20061128134638.jpg
水槽写真(photo/Y.Niino)

学名:Plectranthias pelicieri Randall & Shimizu, 1994
和名:オシャレハナダイ
英名:ペリシエルズ・パーチレット Pelicier's Parchlet
全長9cm
モーリシャス、南日本に分布

非常に美しい底性ハナダイの一種。水深50m前後の岩礁帯に生息しているが、南日本の温帯域では、もう少し浅い場所でもみられる。エビなどの甲殻類を好み、小魚なども捕食する。小型ながらもかなり貪欲な面を持ち、口に入るものなら手当たり次第に食べてしまう。以前はモーリシャス固有種とされていたが、現在は南日本の各所で見つかっている。

入荷は非常に少なく、年間数匹程度という流通量である。そのため、限られた専門店でしか入手できない。かなり高額なハナダイではあるが、減圧症さえ出ていなければ餌付きも良く、丈夫で飼いやすい。ただし高い水温にはやや弱いため、25℃以下をキープしたい。最適な水温は22℃前後。ほとんど小型ハタのような肉食魚であるため、小型魚やカクレエビなどとは一緒に飼育できない。

種小名は人物名。英名も、それにちなんだもの。和名は、その綺麗な色彩から名付けられたものだろう。
スポンサーサイト


コメント

  1. TAK | URL | -

    モーリシャスって、遠いですよね。
    そんな遠方に住む魚が、間にあるインドネシアとかにいなくて、なんで日本にいるのでしょう? とても不思議な分布ですねぇ。

  2. 松井 | URL | -

    きれいなガシラだなぁ。

    ところで、柏島では見ることができた?

  3. 哲りん | URL | -

    顔だけ見るとハタですね…。

    >>ガシラ

    懐かしい…土佐ではカサゴのことそう呼んでましたね。

  4. 雪風 | URL | cKg/74mY

    ■TAKさん
    探せば他の地域にも居るんじゃないかと思いますけどね。でも、他にも飛び石で分布している生物がいますよ。大陸移動などと係わりがあるのでしょう。

    ■松井はん
    去年の柏島ではポイントに行けなかったんですよ。なので、見れずじまいです。でも、他に色々と見れて楽しかったですけどね。

    ■哲りん
    ガシラ・・・他の地方でもカサゴのことをそう呼ぶよ。カサゴ全般をオコゼと呼ぶところもあるけど。

    それはそうと、来週は楽しみだねぇ。

  5. TAK | URL | cKg/74mY

    >雪風さん
    なるほど。興味深いというか、ロマンチックですね。だれか古代の人が、放流しちゃったわけではないのですね(笑)
    もしかすると、水底でどこでもドアが繋がっているのかも。古代人の物質移送装置が、オシャレハナダイだけを運んでいるとか(^_^;)

    実家の京都でも、カサゴをガシラって言いましたね。
    両親は瀬戸内なので、そちらの方の言い方なのかもしれませんが。

  6. 雪風 | URL | cKg/74mY

    修正しましたよ(笑)。

  7. TAK | URL | -

    す、すいませんm(_ _)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/205-81dcf285
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。