--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイアンロングフィン・アンシアス

2006年11月23日 00:36

20061122190513.jpg
オス個体(photo/J.E.Randall)

20061122190527.jpg
メス個体(photo/J.E.Randall)

hawaiiensis-tank.jpg
オス・水槽写真(photo/Y.Niino)

学名:Pseudanthias hawaiiensis (Randall, 1979)
和名:なし
英名:ハワイアンロングフィン・アンシアス Hawaiian Longfin anthias
全長10cm
ハワイ諸島・ジョンストン島に分布

ニラミハナダイによく似ており、以前は亜種とされていたが、現在では別種とされている。ニラミハナダイとはオスの色彩が異なるり、メスの方もかなり黄色みが強く、異なった印象がある。全長はニラミハナダイよりも大型になり、個体によっては10cmを超えることも。水深30~70mの間でみられる。

ハワイ便で入荷するが、その数はかなり少ない。入荷状態がすぐれない場合もよくあり、入手時には個体状態に注意したい。良い個体さえ入手できれば、飼育は思ったよりも難しくない。餌付けは最初はクリルや冷凍餌で、馴れれば顆粒状の人工餌をよく食べるようになる。性格はニラミハナダイに比べて強く、一緒に飼うと必ず本種が勝つ。その性格のためか、普通のニラミハナダイよりも小型ヤッコなどとの混泳はさせやすい。適水温は23℃前後。

種小名は「ハワイ産の」という意。英名も産地に由来したものである。

スポンサーサイト


コメント

  1. HTanaka | URL | p6XL2UoU

    別種です

     ランドールは1996年の Shore Fishes of Hawai'i で”ハワイ産のは別種であり新たに Pseudanthias hawaiiensis と提唱しなおし”ました(p.69)。従って今はニラミハナダイとは別種扱いです。つまりニラミハナダイも P. ventralis ventralis から P.ventralis に変わったのです(例;Reef & Shore Fishes of the South Pacific, Randall, 2005: p.146.)。

     ジャーナル誌で発表するなら兎も角、ポピュラーな図鑑でこれをやられたら、気が付かない方がむしろ自然です(笑)。

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    Tanakaさん
    情報ありがとうございます。

    これはさすがに気が付きませんでした。
    やられましたね(笑)。
    早速、修正しておきました。

  3. Tetsuo | URL | -

    私も今日まで知りませんでした。
    これは知らない人が多い情報では?


  4. 作左 | URL | jPC7I2S6

    こんにちは。
    ハナダイってキレイですね。
    三年ぐらいの寿命じゃ可哀想な気がします。
    カニハゼもユーモラスですね。

    フレッチャー進水おめでとうございます。
    で、とうとう、お船にもハマってしまいましたか~(笑)

  5. 雪風 | URL | cKg/74mY

    作左さん、返事が遅れました。
    ちと大阪まで行っていましたもので。

    ハナダイの小型種は、自然界でも寿命が短いようです。3年生きれば十分と言えるような魚なのです。

    で、お船にはまってさぁ大変。といったところです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/204-3609e449
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。