--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカロックズ・アネモネフィッシュ

2006年09月05日 00:36

mac-m-br.jpg

mac-f-br.jpg

学名:Amphiprion mccullochi Whitley,1929
和名:なし
英名:マカロックズ(マッカロウズ)・アネモネフィッシュ McCulloch's Anemonefish
全長12cm
オーストラリア東部沖のロードハウ島とノーフォーク島に分布

クマノミといえば、オレンジ系の体色にホワイトバンドというのがパターンだ。しかし本種はどこにも赤みが無い、クマノミとしては特殊な体色をしている。大きくなって黒っぽく、あるいは色彩変異として黒くなるクマノミはいるが、幼魚期からずっと黒いままなのは本種のみである。頭部には白いバンドが見られるが、消失しかかったものや、バンドが全く無い個体(メスに多い)もいる。ちなみに幼魚期は普通のクマノミのように、体側中央にもホワイトバンドをもっている。共生するイソギンチャクは、サンゴイソギンチャクで、生息域では他に共生に適したイソギンチャクがいないようだ。水槽内では、タマイタダキやシライトなどにも入る。

さて本種はクマノミの中でも、ハマクマノミ・グループに入れられている。しかしながら、ここにはいくつかの疑問がある。まず成魚の尾ビレの形状。ハマクマノミ・グループでは、どの種も円形(ラウンドテール)の尾ビレなのに対し、本種では中央部が湾入し、尾ビレの上下葉が尖っている。これはクマノミ・グループの特徴だ。また幼魚は腹ビレと尾ビレが伸長する個体が多い。これもクマノミ・グループ独特の特徴であり、ハマクマノミ・グループの種には見られないものだ。以上の点から、個人的にはクマノミ・グループに入れるのが妥当ではないかと思っている。

生息域は比較的水温が低いものの、水槽飼育では23~27℃と幅広い水温域で問題無く飼育できる。ただ、あまり高い水温が長期間続くようだと、何らかの不都合が生じる可能性はある。25℃前後の水温が維持できれば十分。他、餌などはクマノミと同様にほとんどの人工餌を選り好みせず食べてくれる。性格は強いが、ハマクマノミ類のような強烈な強さはなく、クマノミと同等程度。

種小名の mcculloch は人物名。mucculloch の発音は、調べた限りでは「マカロック」あるいは「マッカロウ」が最も近いようだ。なお、日本の海水魚専門誌では「マックローチ」、「マックローキ」などと表記されている。
スポンサーサイト


コメント

  1. 作左 | URL | jPC7I2S6

    こんにちは。
    確かにクマノミといえば、橙色と白のストライプを連想しますね。
    あの映画も流行ったことだし(笑)

    へぇ~、こういう無地もクマノミなんですね。
    観賞魚は嫌いではないので興味深々でございます。

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    作左さん、毎度です。

    あの映画のおかげで、クマノミはだいぶ有名になりましたね。クマノミは、他にも色々と種類があって面白いですよ。

  3. くりくま | URL | -

    なんかうちの図鑑よりもはるかに説得力あるきがするんですが…う~む…

    はたして残りいくつ埋まるんだろうか…
    オーマンとかググっても1件も引っかからないし…とりあえずツーバンデッドは確実に載せられるでしょうが…

  4. maat | URL | -

    和名は、オジロマックロクマノミでどうでしょう・・

  5. 雪風 | URL | cKg/74mY

    昨日、高知旅行から帰ってきましたよ。
    やっぱ四国は良いなぁ。

    ■くりくま君
    よく調べれば、これぐらいの記事は書けるんじゃないか?
    オマーンは、ちと無理だろうね。あとはマダガスカルとか、チャゴスとかも・・・。

    ■maatさん
    オジロクロクマノミなんて、本当に誰か付けそうですねぇ。

  6. くりくま | URL | -

    >よく調べれば、これぐらいの記事は書けるんじゃないか?
    そうですね、あと自分の意見なんかも入れると余計字数稼げたり…

    >オマーンは、ちと無理だろうね。あとはマダガスカルとか、チャゴスとかも・・・。
    厳しいですね、あとセイシェルズとかも厳しいです、んでから意外と厳しいのがオーストラリアン、これ中々いい情報出てこないんですよね。バリアリーフより少ないです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/165-6525ff84
この記事へのトラックバック

ノーフォーク島について

ノーフォーク島ノーフォーク島Norfolk Island(ノーフォーク島の旗|詳細)(ノーフォーク島の紋章|拡大)公用語英語、ノーフォーク語主都キングストン (ノーフォーク島)|キングストンイギリス君主一覧|女王   エリザベス2世 (イギリス女王)|エリザベス2世ノーフォーク島の総




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。