--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメオニオコゼ

2006年07月21日 20:09

himeoni-1br.jpg
学名:Inimicus didactylus (Pallas 1769)
和名:ヒメオニオコゼ
英名:スパイニー・デビルフィッシュ Spyny Devilfish
全長16cm
西部太平洋域に広く分布

食用で有名なオニオコゼに近縁で、よく似ている。実際、オニオコゼと同種とされていたこともある。しかしよく見ると頭部の形状やヒレが異なっているのがわかる。またオニオコゼが最大30cmになるのに対し、本種は20cmを超えることはめったになく、通常15cm前後である。さらにオニオコゼが温帯種なのに対し、ヒメオニオコゼは熱帯域を分布の中心としている。砂底域に多くみられ、普段は砂に半ばまで埋もれたようにして隠れている。そうやって待ち伏せし、甲殻類や小魚を捕食する。

観賞用としては、東南アジアからたまに輸入されてくる。輸入されてくるものをよく見ると、ヒメオニオコゼを含めて3種類ほど混じっていることがわかる。どれも似ているが、頭部に対する目の大きさ、また頭部の形状、胸ビレ内側の模様で区別が付けられる。飼育は特に難しい部分はなく、最初こそ生きたエビなどを与える必要があるが、すぐクリルや魚の切り身などに馴らすことができる。背ビレの棘には強い毒があるので、取り扱いには要注意。

種小名は、「指のように離れた」という意味がある。これは胸ビレの下に指状に発達したヒレの条があり、その特徴から付けられたものだろう。和名はオニオコゼより小さいことから「ヒメ」の名が付いたものと思われる。英名は他に、バンデッド・スティンガー、シーゴブリンなどの呼び名がある。
スポンサーサイト


コメント

  1. 作左 | URL | jPC7I2S6

    おはようございます。
    可愛いらしいですね。
    愛嬌ある顔が素敵です。
    癒されまする~
    我が家も観賞用でなにか飼いたいのですが
    お金がかかりそうで二の足を踏んでいまする~

  2. 雪風 | URL | cKg/74mY

    作左さん、どもです。
    私が飼っている海水魚は、少々お金がかかりますが、熱帯魚あたりなら比較的安価で済みますよ。癒し効果は抜群です。

    それにしても、オコゼの顔が愛嬌ありますか。私は怖いな、と思ってしまいます(^^;。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. 雪風 | URL | -

    Re: 写真使用の件でご相談です。

    こちらも今、コメントに気付きました。。。(滝汗)
    画像を使用するのはかまいませんよ。
    でも、たぶんもう間に合わないでしょう。
    今週ですもんね。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/145-a7e0dc2d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。