--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルケーノ・シュリンプゴビー

2006年07月08日 01:55

a.rhyax-1br.jpg

a.rhyax-2br.jpg

学名:Amblyeleotris rhyax Polunin & Lubbock, 1979
英名:ボルケーノ・シュリンプゴビー Volcano shrimpgoby
全長8cm
フィリピン、パラオ~グレートバリアリーフに分布

ダテハゼ属の一種で、ポピュラーなヤマブキハゼなどに近い種。体色は見ての通り、ヤマブキハゼとクビアカハゼの中間的な色彩を示す。共生するテッポウエビは、ニシキテッポウエビやモンツキテッポウエビなど、数種のテッポウエビがパートナーになる。

自然下では30~45mという、やや深い場所に生息するため、ほとんどアクアリウムトレードされることがない。この個体も、2~3年振りに輸入されたもの。飼育はヤマブキハゼなどと同様に、落ち着いてしまえば容易。

英名のボルケーノ Volcano は「火山」の意。体色を火山の噴火に見立てたのだろう。種小名の rhyax は、ギリシャ語で「溶岩の流れ」という意味。英名は、種小名の意味から付けられたものだということがわかる。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/139-48dec69a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。