石垣島見聞録 その1

2006年05月15日 17:54

憧れの離島、石垣島に行ってきた。
三泊四日の旅であった。

ishi-t1br.jpg

石垣空港到着ロビーにある大型水槽。
レイアウトは樹脂製の岩で、チヂミトサカやオレンジスポンジ、ハタゴイソギンチャクなどが配されている。魚はスズメダイがメインで、クマノミが入っていなかったのが意外。システムを確認しようとしたら、キャビネットに鍵がかかってた。そりゃそうか。
tamatori-4br.jpg

到着して、最初に向かったのが、この玉取崎。
展望台から、島の北側に向けてのショット。素晴らしい色合いだ。
上から眺めると、広大なリーフが広がっているのがよくわかる。

tamatori-5br.jpg

展望台付近に咲くハイビスカス。
南国といえば、この花だ。至る所で咲いていた。

tamatori-6br.jpg

玉取崎近くの浜に降りてみる。
ここはやや荒目のサンゴ砂で構成されたビーチだ。
浜には、やたらとオカヤドカリが歩いている。

tamatori-7br.jpg

石垣の浜も、綺麗なものばかりではない。
これは「廃油ボール」。
沖合を行く船から投棄された油が凝集し、浜に打ち上げられたもの。浜によっては、多数の廃油ボールが打ち上げられる。浜歩きの際には、踏まないように注意が必要だ。海洋投棄のゴミの現実である。

fuki-1br.jpg

石垣島にはいくつか川があるが、ここもそのひとつ。
河口には土が堆積し、マングローブが生い茂る。
サンゴ礁も生き物が豊かだが、このマングローブ帯も、負けず劣らず生物層が豊富だ。よく観察すると、多様な生物を見ることができる。

fuki-5br.jpg

マングローブ帯の主役種のひとつである、ミナミトビハゼ。
ひょこひょこと移動するのが可愛らしい。
思ったより警戒心が薄く、手を差し出すと乗って来た。
「欲しい!」と思ってしまった瞬間。
他に多数のシオマネキ、ミナミコメツキガニ、ツムギハゼなどなど、様々な生物を、じっくりと観察した。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://necon.blog38.fc2.com/tb.php/106-245069ef
    この記事へのトラックバック