チョウチョウウオ水槽

2013年10月19日 00:48

すごく久しぶりに自分の水槽でも。
1015-1.jpg
サイズは90×60×45センチ。
水槽内の岩はセラミック疑岩。
ろ過槽は一層式で、H&S850のスキマーが設置してある。

1015-9.jpg
岩の後ろにある水流ポンプ。斜め上に向けて設置してある。

1015-8.jpg
水流ポンプ上部の水流の様子。
水槽サイズに比べて、若干オーバースペック気味の結構強い水流。
中の水流は、洗濯機とまではさすがにいかないが、普通の混泳水槽よりは明らかに強い流れ。最初の画像で、水槽中央にアサリの殻がいくつかあるのだが、あの殻は常にあそこに置いてある。というのも、あの殻が水流を少し弱めて、水槽右側を魚にとって過ごし易い環境にするためのもの。普通に岩を置いてしまうと、水流が減殺されすぎてしまうため、アサリの殻程度の障害で若干弱めるという工夫になっている。

水流の強い水槽は、痩せた魚を入れると消耗するだけだが、しっかりと餌を食べる魚にとっては非常に良い運動になり、引き締まった魚体を維持できる。

1015-7.jpg
アサリを突くチョウチョウウオたち。
餌は活きたアサリを開いて、水管やベロなどを取り除き、内臓だけにしたものを与えている。アサリの身の太り具合によって、一日に5〜10個ほど与えている。人工餌はアサリを与える前に少量与えている。もっとも、チョウチョウウオはほとんど食べず、一緒に入っているアカテンコバンハゼやサザナミが食べる程度。

1015-6.jpg
アサリが主食なのは、その方が幼魚期からの成長が良く、成魚になってからは余計な脂肪が付くのを防ぐ観点から。他に微量成分やビタミンなどの補給として、コンビネーション2を週一回添加している。またポリプ食チョウチョウウオは、思いの外コケをついばむので、水槽底面のコケは落とさずに残してある。

1015-4.jpg
ミカドチョウは2匹入っている。当然のように争っているが、ヒレや体にダメージが残るほどのケンカはしないので、いずれはペアに。。。という期待を抱いているのだが、果たしてどうか?

1015-2.jpg
鍔ぜり合うインドミスジとミカド。
ポリプ食はどれも気が強いので、組み合わせは悩みの種。。。
スポンサーサイト

まこと邸スイハイ

2013年10月08日 00:47

新居に引っ越しされたので訪問してきた。
004.jpg
玄関には怪しげな淡水水槽が。
一見、何も入っていないようにみえるが、
中身は淡水シタビラメ、淡水ヒラメ、南米淡水ストーンフィッシュが。
なかなかマニアックなラインナップだ。
ちなみに餌はネオンテトラだそう。

005_20131008000251403.jpg
メイン水槽。
相変わらずコケひとつない綺麗な水槽。
いつ見ても綺麗。このあたりは、まこと氏の性格が出ている。
うちとは正反対だ。。。

006_20131008000314c16.jpg
おそろしく大きいジェムタン。
もはやジェムタンかどうかすら怪しい雰囲気(笑)
何故かブリモドキも入っている。密かにお気に入りらしい。

009_20131008000335312.jpg
これこれ、サイズバタフライを見に来たといってもいいほど。
実際見たのは何年振りだろう?

017.jpg
輸入状態が悪かったにもかかわらず、素晴らしい仕上がり。
もう何年も飼育していたかのような感じで餌を食べる。
それにしても、生き残った3匹のうち、2匹を廃人が押さえるとは。。。
(1匹は、まこと氏、もう1匹はごにょごにょ。。。)
さすが廃人である(笑)

010_20131008000348410.jpg
サウスアフリカン、ホイフラーズ、ロブストの西アフリカトリオ。
これもサイズと並んで、この水槽の見どころ。
この3匹が一同に会しているのは、日本で、いや世界でここだけかも?

011.jpg
隔離ケース飼育のロブスト。
さすがに性格が弱くて混泳はさせられない。
同居のゼブラソールがまた渋い。

018-1.jpg
オールドウーマンが綺麗な時期は、このあたりまでか。。。
あとはひたすらメジナ化の一途。

015.jpg
メイン水槽と配管で繋がっている小水槽。
ルックダウン、ムーンフィッシュ、グラスポーギーといった渋い魚たち。
ルックダウン系の混泳は、先にやられてしまったなぁ。

019.jpg
水槽の横で飼われているチンチラ。
これはスタンダードグレーの子。

022_201310080005447d1.jpg
こちらはブラックエボニー。
真っ黒でよく分からない(笑)が、非常に可愛い。

おまけ
003_20131008000625bc5.jpg
Tetsuo氏の壮行会を廃人連主催で開催。
ケントパパの寝ながら相槌を打つ、という奥義が披露された(笑)
それと、レオポンの行く末が実に心配である。
ねじ曲がった廃人にならなければよいが(笑)


串本オフ2013

2013年10月01日 14:10

今年も串本オフを開催しました。
二泊三日の旅。
一日目はいつもの磯へ。

013_201310011345562fa.jpg
ちょっと寒かったので、日光で暖められた水たまりで暖をとる人(笑)
片方の人は煩悩の塊であると申しておく(笑)

008_20131001134626817.jpg
タコを頭に乗せる、さくらママ。
さすがは関西人のノリといったところ(笑)

この磯では、関東からいらしたスーさん夫妻と遭遇。
だにやんとは旧知の仲だそう。
私も一度どこかでお会いした気がするんですが。。。
全く思い出せなかった(汗)

この日はサザナミヤッコ2匹とソリハシコモンエビ、アカハチハゼを採集。
ソリハシコモンは初採集なので嬉しかった。
アカハチは沖縄では採集経験があるものの、串本では初。

018_20131001134652d7d.jpg
初日の宴会。
いつもの寿司屋で地魚メインの握りをいただく。
やはりここは美味しいね。

020_20131001134707d20.jpg
誕生日だった人。
ケーキはちゃんと食べましょう(笑)


二日目は波が高かったので、何とか入れる場所に。
024_201310011347300f6.jpg
クマさん登場。
条件の悪い時でも、セグロやウミヅキなどを採集していたのはさすが。
クマさんからはセグロをいただきました。ありがとうございます。

025_20131001134744b0a.jpg
女子会も開催。

026_201310011347560e8.jpg
記念撮影。
多くの方に集まっていただき感謝!

039.jpg
二日目の宴会。
会場の店が竜巻被害に遭ってしまったため、小さい部屋に無理矢理押し入りました(笑)。しかしながらカツオ茶漬けは絶品。来年もこの店で宴会しましょう。

参加の皆さん、お疲れさま&ありがとうございました。
来年も宜しく御願い致します。