--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新水槽部屋

2011年10月31日 22:35

新居が完成し、専用の水槽部屋もできた。
広さは約7畳ほど。

heya-1.jpg
念願の専用流し台。
これで各種作業が一気に楽に。
流しのそばにはコンセントもあり、機器のチェックなども可能。
床には排水も付けてある。
横のケージにいるのはチンチラ(笑)。

heya-2.jpg
早速引っ越ししてみた。
120×70×60水槽。この部屋で最も大きな水槽になる。
細やかなメンテナンスをすることを考えると、このあたりのサイズが個人的には限度。
以前はサンゴ水槽だったが、サンプをろ過槽にして魚水槽に。
ろ過槽のろ材がネットに入っているが、これは一時的な措置。
ネットに入れておくと取り出しやすいが、あまり良くはない。これは少し考えれば分かること。現在ではネットから取り出して、ろ材はきちんとろ過槽内に敷いてある。

ちなみに、この水槽の横には同じサイズの水槽が置ける台がくる。
乗る水槽のサイズは少々小さくなるが。

カーテンは嫁チョイス。
某編集長のブログに載っていたもの。
カーテンを購入したのはこちら

heya-3.jpg
既に魚が。。。

heya-4.jpg
水槽を設置するシミュレーション。
90×45の台が2つ。
60×60の台が1つ。
60規格の台が1つ。
トリートメントタンクとか、サンゴ水槽とかの水槽群だ。
スポンサーサイト

ケントパパ邸スイハイ

2011年10月26日 22:25

今回は、まこと邸とTetsuo邸のみのスイハイ予定だったが、偶然お会いしたケントパパさんから「うちにもスイハイに来て、レイアウトのアドバイス下さい」と言われたので行ってきた。サンゴの飼育から半分引退したような私が、レイアウトのアドバイスをするというのも何だかアレだが、ケントパパさんにそう言われては断れぬ(笑)。

kentpapa1.jpg
まずはLPS水槽。
フラッシュ無しのデジカメの撮影では、サンゴの色が全然。。。(汗)。実際には非常に綺麗な水槽。もう少しカクオオトゲの配色を変えたら、もっと良くなるかも。今のままでもすごく綺麗なのは間違いない。

kentpapa2.jpg
さてメイン水槽。
サンゴの状態は実に良いのだけれど、なんとなくレイアウトにまとまり感が無いような。。。? このあたり、どんな感じにしようか迷っておられるとのこと。どことなく、迷いがレイアウトに出ている気がしないでもない。

kentpapa3.jpg
掲示板に相談のあったヒレナガヤッコ。
実物を見て、何故雌化してきているかが分かった。この雄は、雄としての『ヤル気』が全然無いのである。これでは雌化してくるのも無理ない。ちゃんとした雄は、雌に対してのアピールがきちんとしている。対策としては、新しくヤル気のある雄を入れるしかないかと。それにしても、ヒレナガヤッコが主役というのがイカす。

kentpapa4.jpg
それにしても、普通に見れば何の問題もない、非常に綺麗なサンゴ水槽である。レイアウトに『流れ』を作ったり、目を惹くようなポイントとなるサンゴを導入するか、作り出せば、レイアウト面でも問題なくなるのでは。ケントパパさんはテンションも高いし、周りのアクアリストも良い刺激を与えているので、レイアウト問題はほどなく解決すると思う。SPSの飼育は私より上手いはずだから、本来は私がどうこう言うのもおかしな話。ケントパパさんには、偏屈な古参アクアリストの戯れ言と思っていただければ幸いだ。

Tetsuo邸スイハイ

2011年10月22日 21:27

以前のスイハイ
何年か振りの訪問。
変わっていない水槽もあったし、新しい水槽もあった。
例によって水槽の詳細は無し。

tetsuo1.jpg
ゴールドフレークとグリフィスの交雑種。
これは大珍品。
尾ビレの形状と、体側の模様の名残りから、片親がグリフィスだとわかる。体色が青白い感じだと、さらに面白いのだが。それにしても、初めて見た交雑パターンである。ちなみに、画像下にも珍しい交雑個体が写っている(ダイダイヤッコではない)。

tetsuo2.jpg
珍品Bodianus。
さて、名前の分かる人はいるか?

tetsuo3.jpg
マルチカラーのペア。
何度も産卵しているそうだ。

tetsuo4.jpg
LPS水槽。とある実験中。
中身の多くはカクオオトゲ。

tetsuo5.jpg
怪しい深海水槽、になるはずだった水槽。
目的は達成されなかったようだ。

現在は水槽の大整理が行なわれているはず。
数年後、どうなっているのだろう。。。

まこと邸スイハイ

2011年10月18日 20:16

先日、某氏、Tetsuo氏と共に念願の まこと邸スイハイに行ってきた。
アクア廃人の中では唯一訪問していなかったので、まさに念願だ。

makoto-1.jpg
コケひとつない素晴らしく綺麗な水槽。
ここまで綺麗にするのは、やはりキーパーの性格だろうか。

makoto-2.jpg
システムはオーソドックスなドライろ過。
最近ではドライろ過槽が少ないので、稼働中のショットは貴重かも。
水温は約22℃。入っている魚達が好む水温だ。
周辺機器は、H&S-850とQL-40。

makoto-6.jpg
水槽は仕切りで仕切られており、小さいスペースには、ロブスト、イーストパシフィック、ガーディナーズの3種が。いずれも渋くて綺麗なチョウチョウウオだ。ロブストはやはり精神的に弱いそうで、なかなか混泳できないらしい。

makoto-9.jpg
メインはプログナトデス属のチョウチョウウオ。
画像はマルセラ2匹とバンク。
マルセラは、まだまだ高価だったときの個体。
立派なサイズに育っている。

makoto-8.jpg
ヘッジホッグバタフライ。
おそらく日本ではここにしかいないはず。
氏はプログナトデスのマニアで、日本に入荷した種は、ほぼ全種飼育したことがあると思われる。

makoto-10.jpg
トンプソンバタフライ。
何とも地味で、我々は『メジナ』と呼んでいるが。。。(笑)
某氏によれば、メジナは目が青いので、トンプソンをメジナと呼ぶのは、メジナに対して失礼であると言っていた(笑)。まあこの種の魅力が分かるのは、少数派であることは確かだ。

makoto-7.jpg
ホイフラーズバタフライ。
西アフリカ産の珍品。
2匹もいるのだから、マニアにはたまらない。
ロブストとは違い、こちらはかなり気が強いそうで、間違ってもロブストとは混泳できないらしい。同種間でも激しいため、1匹は隔離ケース暮らしとなっている。

餌に関してもこだわりがあり、現在は冷凍餌中心に与えて、人工餌はおやつ程度だという。やはり人工餌は太り過ぎるので、その点を警戒しているそうだ。与え方も控えめなものだが、魚自体は固太りしている。あらゆる面で、マニアなこだわりが感じられる水槽である。この水槽に、サイズバタフライやグエゼイが混泳に加わる日が待ち遠しい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。