--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新情報

2008年10月28日 09:49

カイナッツォの記事に移転情報を追記。

EARTHの記事にサイト情報を追記。

情報を提供いただいた方に感謝です。
スポンサーサイト

更新情報

2008年10月27日 19:33

ベッセルの記事のリンクが間違っていたので訂正。
指摘していただいた方、ありがとうございます。

アクアショップ・ナガシンの記事を訂正。

さてと

2008年10月24日 23:30

IMG_0630.jpg
珊瑚堂での最近の買い物。
いい仕入れしてますねぇ。綺麗でいいですよ。
色々ありますが、これからも頑張ってほしいショップです。

超久々にネコン

2008年10月24日 23:17

agoranecon.jpg
アクアリウム アゴラの店舗前に陣取っていたネコン。
白足袋が良い。
それにしてもこの落ち着き方、店主に違いない。

kamakuranecon.jpg
鎌倉のとある店にいたネコン。
レジ前に堂々と寝ている。
これも店主に違いない。
店主を起こしてはいけないと書いてある(嘘)。

hanapapa邸スイハイ

2008年10月18日 20:38

040.jpg
hanapapaさんのメインタンク。
いまどき珍しいLPSとソフト中心の水槽。この水槽の特徴は、なんといっても魚が多数収容されている点。画像からではわからないが、餌を与えると出てくる出てくる。見えただけでも、スミレヤッコ幼魚3匹、ベルスのトリオ、パープルファイアー3匹、ポッター、カニハゼ、ホタテツノハゼ、キイロサンゴハゼのペア、スジクロユリハゼ、アオギハゼ、などなど・・・。これでもかと言わんばかりに入っている。さすがに多過ぎると思ったのだが、これは暫定的なもので、新水槽が立ち上がれば分散して収容するという。隔離ケースに入っているのはブラバンの幼魚。

ちなみにhanapapaさん、MA誌34号に掲載されたことがある。

053-2.jpg
水槽の裏手屋外に設置されているサンプスペース。
左側はマッドが敷いてあり、エコシステムとなっている。

060-2.jpg
庭の一角に建てられた水槽小屋。まだ設置の最中で、これからが楽しみなところ。画像には写っていないが、既に回っている水槽があり、ブラバン成魚2匹などがトリートメントを受けていた。全ての水槽が回って中身が入ったら、再度訪問してみたい。

babu邸スイハイ

2008年10月16日 11:33

013.jpg
ベッセルの近くにお住まいのbabuさんの水槽。
水槽サイズは少々変則で、120×65×55センチ。システムはベルリンシステム。
高さより奥行きを少し長くすると、レイアウトに奥行き感が出てくる。
照明は右側が暗めになっているが、ここに深場ミドリイシを配置する予定なので暗めにしているという。今後導入していくそうだが、どのようにレイアウトされていくのか興味深い。魚はレスプレ、マルチカラー、コーレタン、パープルファイアーなど結構収容されているが、どの個体もよく太っていて状態は良い。中でもMAXサイズに成長したイエローヘッドジョーは目を惹く。

まだ発展途中で、サンゴがさらに充実した際には再度訪問してみたい。

029.jpg
サンプにはウールボックスが設置されている。

030.jpg
水槽後方に張り出したサンプには、H&Sスキマーやリアクターが。
この部分はそのままメンテナンスルームとなっており、マッドを敷いたリフジウムや、流し台、水貯めタンクなどが設置されている。このような部屋があると、メンテナンス効率はかなり上がる。

016.jpg
babuさんはMA誌30号に水槽が掲載されたことがあり、このエンタクミドリイシはそのときの水槽に入っていたもの。小さい群体から直径40センチにまで育った骨格は見事(これで何ページに載っているのかわかってしまうが)。残念ながらそのときの水槽は崩壊してしまい、現在は水槽も新しくなってリセットされている。

マーシャ邸スイハイ

2008年10月16日 11:13

001.jpg
小型ヤッコのペア飼育にこだわりを持つマーシャさんの水槽。
水槽サイズは60×45×45センチ。システムはベルリンシステムで、プリズムプロを使用している。リアクターは無し。照明はU字管蛍光灯で、ミドリイシをきちんと飼育している。蛍光灯ではピンク系の色揚げは難しいが、飼育自体は蛍光灯でも可能なのだ。

飼育魚はスミレヤッコのペアの他は、ハナゴンベ、ホンソメワケベラなど少数。
スミレヤッコを十分に成長させるには、もう少し水槽サイズが欲しいところ。
何はともあれ、サンゴと魚の収容バランスの取れた調子のいい水槽だ。

007.jpg

キャビネット内にはエーハイムと、それに接続された殺菌灯がある。
エーハイム内にはろ材は無く、吸着材を入れて使用中とのこと。
また、キャビネット横にはクーラーが設置されている。

引っ越しを控えているそうで、新居に移った際には数本の水槽を設置する予定という。そのため現在の水槽に、これ以上の生体は追加しないそうだ。引っ越し後の新水槽がどのようなものになるのか楽しみなところ。新水槽完成の暁には再度訪問の予定。

こ、これは!?

2008年10月09日 20:23

よそのブログで見たんだけど、余りに面白いので紹介(笑)。
電車でD

NERV専用高速道路第壱号線

2008年10月06日 15:16

eva.jpg
零号缶から七号缶まで確保完了。

司令「高速のPA、SAで販売だ」
副司令「またアニメファンが買い込むだろう」
司令「ふっ。すべて予定通りだよ・・・」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。