--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽環境を魚に合わせる

2007年06月29日 14:58

kowake-red-st.jpg

4本ある小分け水槽のひとつ。
これはレッドストライプ・ホグフィッシュ専用水槽。
ブレンドしたサンゴ砂とライブロックだけのシンプルレイアウト。
サンゴ類は一切配置していないし、照明も無い(レッドストライプ・ホグは深場のベラだ)。
自然下では、砂地に点々と岩場があるような場所に生息しているため、それを模している。
水槽サイズは40×30×25cmだが、水槽側面を正面に据えているため、奥行きは40cmとなっている。つまり、観賞面は30×25cmということになる。これはこの水槽の手前側に階段状に設置してある30×30×25cmの水槽と合わせるため。

水槽前面だけは定期的にコケ取り(照明が無いから、ほとんど生えないが)し、魚が見える状態に保っている。なにしろ魚自体が見えないと、状態を把握することができない。いくらズボラでも、それぐらいは最低限しなくてはならない事である。そうでないと、とても飼育しているとは言えないだろう。

さて、殺風景な水槽内だが、当のレッドストライプ・ホグは結構気に入って(?)いるようだ。右にある大きめのライブロックの下に穴を掘り、そこを隠れ家にしている。何かあれば、すぐに巣穴に逃げ込むし、夜は必ず巣穴の中で寝ている。ブダイのように、粘膜で寝袋を作っているかどうかは未確認。餌はクリルと粒餌。たまに磯で採集したスジエビなどを与えている。入手時は4cmほどと小さかったが、現在は11cmほどにまで成長している。照明が無いので、体色は全く焼けていない。やはり、こういった専用水槽で飼育すべきベラだといえる。フタもしっかりとし、飛び出しを防止している。

ちなみにレッドストライプ・ホグはインド洋と太平洋に生息しているが、近年の研究で、インド洋と太平洋のものはそれぞれが別種に分類された。インド洋のものが従来通りの Bodianus opercularis、太平洋産のものは Bodianus neopercularis となった。なお、ペパーミント・ラスの名で流通する種は、Bodianus sepiacaudus となっている。

その魚の生息場所に合わせた水槽設備・レイアウトを用意し、1匹のみとは言わないまでもタンクメイトを厳選し、魚をじっくりと飼育してみるのも良いのではないだろうか。今まで気が付かなかった魅力が見えてくるかもしれない。
スポンサーサイト

小型水槽

2007年06月26日 16:20

今回のCF誌に写真が出なかったので、こちらでちょろっと。
mini-tank.jpg
現在の様子。
照明は変えず、やや照射距離を離してみた。
ウミアザミなどの調子はまずまず。
魚は、オレンジストライプ・バスレットのペアが入っている。元気にしているのだが、岩組みの裏側をちょろちょろと泳ぐだけで、全く表に出てこない。キーパーの自分でさえ、岩の隙間や裏側から、状態を確認しなくてはならないほど出てこない。餌はクリルで、結構大きいかけらでも飲み込んでいる。他にベニサンゴヤドカリが入っているが、こちらもほとんど出てこない。

水換えは10日に1度、全体の3分の2を換えている。水温は室温管理で、現在22.5℃。

で、水槽の向こう側に、もうひとつ小型水槽が。
こちらはセットしたてで、まだライブのアラゴナイトサンドと、適当なライブロックが1個入っているだけ。フィルターは同じく外掛けのみ。サイズは25cmキューブ。ライトは設置しているが、1度も点灯していない。とりあえず、隣の水槽の照明が間接的に当たっているだけで十分。この水槽のコンセプトでは、明るい照明は不要なので・・・。

詳しいレポートは、またの機会に。

良い梱包 その2

2007年06月25日 15:13

以前の記事で、良い梱包のショップと、悪い梱包のショップを紹介した。どちらも店名は伏せたが、やはり良い方は公表しておこう。名古屋のマリンメイトだ。悪い方も、もちろん公表したいところだが・・・。関西の有名店、とだけ。

さて、今回は沖縄から通販してみた。
石垣島で、CPファームと共に有名な「海坊主」から。
CPの梱包も良いが、この海坊主の梱包もなかなか。
umibose-1.jpg
発泡箱には注意書きが。
側面にも書かれている。

umibose-2.jpg
この時期なので、新聞紙にくるまれたペットボトル保冷剤が。

umibose-3.jpg
新聞紙の内側に、大きいビニール袋。

umibose-4.jpg
サイズぴったりのパッキング。
これなら発泡箱の中で動いたりしない。
水はたっぷりと入っていて十分。
ちなみに、今回の中身は5cmほどの魚が2匹。1匹ずつパッキングしてある。
当然、無事に到着。

この他、梱包が良好だったショップとしては、ベッセル、ナチュラル、生麦海水魚センター、アキュリ、B-BOX、スプラッシュ、カジカ、など(全て梱包の実物を確認)。

※追記
実際に通販で買ったことのないショップ、梱包の実物を見たことのないショップについては記述しておりません。

チャイロヤッコ(フィッシャーズ・ピグミーエンゼル)

2007年06月22日 14:57

fisher.jpg
フィッシャーズ(photo/J.E.Randall)

chairo-2.jpg
チャイロヤッコ(photo/J.E.Randall)

african-f.jpg
アフリカンフレームバック(photo/J.E.Randall)

学名:Centropyge fisheri (Snyder, 1904)
和名:チャイロヤッコ
英名:フィッシャーズ・ピグミーエンゼル Fisher's Pygmy angelfish
全長:6cm
インド洋~中・西部太平洋に広く分布

画像は何故かフィッシャーズ、チャイロ、アフリカンフレームバックの3種類が出ているが、これは近年の研究でどれもフィッシャーズと同種であると結論付けられたため。色彩に違いはみられるが、それ以外に明確に区別できる相違点が無かったということなのだろう。フィッシャーズ・タイプは、くすんだ褐色から、明るいオレンジまでの色彩変異がみられる。チャイロヤッコ・タイプも変異があり、全身が青黒いタイプから、フィッシャーズに似た感じのものや、インド洋にはアフリカンフレームバック・タイプに似たカラーリングのものまでいる。生息水深帯は幅広く、10m前後の浅場から、50m以深の深さにまでみられる。付着生物や藻類などを食べる雑食性。

いずれのタイプも、観賞魚としてよく親しまれている。最も入荷量が多いのがチャイロヤッコだが、インド洋からの入荷は少ない。アフリカンフレームバックとフィッシャーズはコンスタントではないが、入るときはまとまって入ることが多い。飼育はどのタイプも丈夫で、実に飼育しやすい小型ヤッコである。ただ、入荷したての個体はダメージを受けていることがあるため、入荷直後の購入は控えた方が安全。水槽環境に馴れると性格が強くなりがち。そのため、他の温和な小型ヤッコなどとの混泳には注意したい。ハワイ産のフィッシャーズは、他よりもやや高水温に弱い面がみられるので気をつけたい。

種小名、英名は人物名から。和名は褐色の体色に由来。

イッテンサクラダイ

2007年06月21日 22:26

ittensacura.jpg
(photo/Kakka)
参考画像
http://fishing-forum.org/cgi/zukan/img/013802.jpg
http://fishing-forum.org/cgi/zukan/img/013741.jpg

学名:Odontanthias unimaculatus (Tanaka, 1917)
和名:イッテンサクラダイ
英名:不明
全長:20cm
日本(関東以南)及び台湾に分布

この属のハナダイはいずれも体高があり、背ビレ軟条部が糸状に伸長するのが特徴。派手な体色も共通点である。浅くても水深60mほど、深いところでは300m以上の水深からも記録が有る。かなり深い場所に生息するため、その生体はほとんど知られていない。オニカサゴなど深場の釣りで外道として掛かる事が多く、てんぷら等にして食されることもある。

深場の釣りで釣り上げられ、減圧の程度が軽く、偶然に生き残ったものが観賞用として販売されることがある。ただし、まともな状態で水面にまで上がって来ることは奇跡といってもいいほど稀。水温はかなり低めで、上限でも20℃までにしておいた方がいいだろう。適水温は16~18℃ほど。口が大きく肉食性であるため、小魚やエビなどを好んで食べる。ハナダイというよりは、ハタとして扱った方がよい。深場の魚であるため、明るい照明は禁物。

種小名は「ひとつの斑紋」という意味。背ビレ第3棘の先端に丸い皮弁があり、そこが黒いところから付けられた種小名である(参考画像が判りやすい)。和名の由来も同様。

レスプレンデント・アンシアス

2007年06月21日 15:03

Ps.pulche-male-1.jpg
オス個体(photo/J.E.Randall)

Ps.pulche-male-2.jpg
オス個体(photo/J.E.Randall)

Ps.pulche-female.jpg
メス個体(photo/J.E.Randall)

学名:Pseudanthias pulcherrimus (Heemstra & Randall, 1986)
和名:なし
英名:レスプレンデント・アンシアス Resplendent Anthias
全長:7cm
モルジブから西部インド洋にかけて分布

フチドリハナダイのインド洋バージョンともいえる種。オスはフチドリよりも黄色みが強く、特に背ビレ全体が黄色い点で容易に区別ができる。メスはフチドリとほとんど同じで、混ぜてしまったら区別がつかないほど似ている。水深15~70mの範囲でみられるが、30m前後の水深に最も多い。

観賞魚としてコンスタントに入荷し、価格面でも求めやすい。入荷したばかりの個体は減圧症が出ていたりするため、よく状態を見極めてから入手したい。落ち着いてしまえば飼いやすいハナダイだ。フチドリと同じく気が強いため、他のハナダイや温和なハタタテハゼなどとの混泳には注意。照明の強い水槽で飼育していると、あっというまに背中が黒ずんでしまうのが難点。陰日性サンゴなどをレイアウトし、照明を落とした水槽で飼育するべきである。

種小名は「美しい」あるいは「高貴な」という意味。英名は「輝く」という意味。どちらも美しい体色に由来したものである。

フチドリハナダイ

2007年06月19日 23:27

Ps.randalli-male.jpg
オス個体(photo/J.E.Randall)

Ps.randalli-female.jpg
メス個体(photo/J.E.Randall)

学名:Pseudanthias randalli (Lubbock & Allen, 1978)
和名:フチドリハナダイ
英名:ランドールズ・アンシアス Randall's Anthias
全長:8cm
西部太平洋に分布

オスは非常に派手な色彩をしている。体側に入るピンクパープルのライン、腹ビレの真っ赤な縁取り模様が大きな特徴。メスは特徴的な模様が無く、吻部と尾ビレが黄色い。インド洋に分布するレスプレンデント・アンシアス Pseudanthias pulcherrimus によく似ているが、フチドリのオスは背ビレが赤いのに対し、レスプレンデントでは背ビレが黄色い点で容易に見分けられる。しかし、メスは両種とも非常によく似ており、見分けは難しい。水深15~70mの範囲でみられ、オーバーハング部分や洞窟のように暗がりになった場所を好む。

コンスタントに入荷する小型ハナダイだが、状態をよく見極めないと飼育で苦労する。減圧症の出ていない、しっかりとした泳ぎをみせる個体を選びたい。良い個体ならば餌もすぐに食べてくれる。本種の飼育で最も問題になるのは、体色の黒化だろう。とにかく明るい水槽に入れてしまうと、短期間で背中が黒ずんでしまう。また体色の維持は、餌の問題も大きいと思われる。良個体を入手すれば飼育そのものは比較的容易だが、体色維持が難しいハナダイだ。アクアリストの技量が問われる魚種といえるだろう。性格は少々きつく、他の小型ハナダイはもとより、中には小型ヤッコさえ追い回すような個体もみられる。組み合わせには注意したい。

種小名は、著名な魚類学者であるJ.E.Randall博士への献名。和名はヒレのフチドリ模様が由来。英名は種小名から。

ケーブ・アンシアス

2007年06月19日 22:53

Ps.flavicauda-1.jpg
(photo/J.E.Randall)

Ps.flavicauda-2.jpg
(photo/J.E.Randall)

学名:Pseudanthias flavicauda Randall & Pyle, 2001
和名:なし
英名:ケーブ・アンシアス Cave Anthias
全長:7cm
フィジー、トンガに分布

フチドリハナダイ Pseudanthias randalli、レスプレンデント・アンシアス Pseudanthias pulcherrimus に近縁な種。オスは違いが明瞭で、フチドリ、レスプレンデント両種のオスの体側にみられるライン模様が全くみられない。また、腹ビレが黄色であることや、背中が黄色いのも異なっている点。メスはレスプレンデントの方によく似ている(海中写真後方に写っているのがメス)。水深30~60mの範囲にみられる。パラオやグアムでは、本種によく似たハナダイが確認されている。今後の調査に期待したい。

かなり以前に一度入荷したことがある。美しく魅力的なハナダイだが、フチドリハナダイ系は黒ずみやすいため、普通のサンゴ水槽では色彩が維持できないだろう。まともな状態で入荷すれば、飼育そのものはさほど難しくないはずである。

種小名は「黄色い尾」という意味。オス、メスともに尾ビレが黄色いところから付けられた。英名は生息場所にちなむ。

新・閣下水槽

2007年06月18日 18:48

H閣下の水槽移動・設置から一ヶ月半ほど。
様子を見に行ってまいりましたよ。

kakka-1.jpg
左がSPS水槽、右がLPS水槽。
LPS水槽は設置時には手が回らず、そのまま放置(笑)されていたもの。
現在は、ちゃんと回っている。照明は蛍光灯。
サンプはSPS水槽と共用だが、やはり小さい。

kakka-2.jpg
LPS水槽の隣り、一番右端は魚混泳水槽。
この水槽だけ縦方向に置かれているため、観賞面は奥行きに当たる幅45cm、高さ60cmの面のみ。横からも少しは見る事ができるが・・・。隔離ケースに入ったギアナバタフライが見える。

kakka-3.jpg
SPS水槽は幅90cmから120cmにグレードUP。
しかし、まだ120cm水槽のサイズに慣れていないためか、90cm風なレイアウトになっている。水槽の状態はいまひとつ。不安定で、白点が出たり、サンゴの色が悪くなったりしている。まあセットして半年も経っていない状態では当然というもの。状態が上がるまでには、普通に1年ぐらいかかるだろう。

kakka-4.jpg
照明状況。
90cmのときと変わらず、まだ増設はされていない。SPS水槽はコンセプトがまだ定まってないそうなので、今後に期待。それにしても、サンルームというのはいい。

キサンゴの飼育

2007年06月06日 21:56

・水槽システム
基本的にはベルリンシステムが有効。補助的に濾過槽を設けたハイブリッドシステムも良い。サンゴ自体に給餌を頻繁に行なうため、スキマーはパワーのあるものを設置したい。リアクターは、あっても無くてもいいだろう。しかし、他のサンゴと組み合わせたりすることの方が多いだろうから、結局は設置する方向になるか。キサンゴのみを飼育するのなら、リアクターは必要ない。基本的に水換え頻度が多くなるし、カルシウムなどの成分は十分補える。クーラーはもちろん必須。水温は22~24℃ほどを維持。水温が低いと海水の劣化が少し遅くなるし、キサンゴ自体にもよい。

・入手
イボヤギは輸入されることも多く、入手は容易。オオエダキサンゴやジュウジキサンゴなどは、最近はエビ刺し網で採られたものが出回ったりしている。入手の際は、ショップで長期在庫されたものより、なるべく入荷したてのものを手に入れるとよい。大抵のショップではイボヤギやキサンゴに餌など与えないため、長期在庫になると触手を開かせるのが困難になることもあるからだ。

骨格の多少の傷ぐらいは問題にならない。それよりも、共肉が下から剥がれてきているようなものを避けるようにする。ショップで触手を開いているものがある場合は、触手の形状に注意する。触手が長く伸びて、先端が細くなっているものは大丈夫だが、触手の先端が丸くなっていたり、触手全体が丸く膨らんだようになっているものはなるべく避けたい。弱っているか、もしくはどこかおかしいことが多いからだ。

・照明
陰日性のため、明るい照明は必要ない。好日性サンゴと組み合わせる場合は、あまり光が当たらない場所を選んで配置する。キサンゴをメインに飼育する場合、照明は不要とすることがあるが、実際は明確に昼夜の区別があった方が良いようなので、ブルー系の蛍光灯をメインにつけておく。また照明があれば、岩肌が白っぽくなって雰囲気を損ねることもない。

・水流
キサンゴの飼育において、水流は非常に重要なポイントになる。水流の当たり具合によって、触手の開きに大きな違いがみられるほど。やや強めな水流が当たるのがよいが、直接水流は避ける。パワーヘッドを数基用いるのもいいが、現在のサンゴ水槽では使われなくなった、シャワーパイプによる水流も有効だろう。キサンゴに対して使われたことはないようだが、ウェーブボックスの使用は非常に有効かもしれない(高価だが)。

・給餌
キサンゴ飼育で重要な要素のひとつ。というか、最も重要といってもよいくらい。なにしろ好日性と異なって、餌を与えなければ確実に弱っていくからである。餌は以前は釣り餌に使うコマセをみじん切りにしたものを使用したが、これだと海水の傷みが早いため、エビ系の冷凍餌やクリルを使用するとよい。クリルを粉砕したものや、冷凍餌のエキスやコペポーダなどをごく少量水流にのせてやると、しばらくして触手が開きはじめる。そこへ細かくしたクリルや冷凍餌をスポイトで丁寧に給餌してゆく。

給餌の際は水流を止めて、触手にそっと振りかける感じで与える。開きにくい種類には直接餌を振りかけて様子をみるという手もある。が、それだと残餌が多く出やすい。残餌は極力吸い出してしまい、水質悪化に繋がらないようにしたい。また、ヤドカリやムシロガイなどを収容して、残餌処理をさせるのもいい。しかし、あまりこういった残餌処理生体に頼ることのないよう、なるべく残餌の出ないように給餌しよう。この給餌の仕方はテクニックの見せ所でもある。

最も残餌が出にくいのは、ピンセットで餌をひとつひとつのポリプに与えていく方法。これだと原則的に残餌は出ず、こまかな対応ができるものの、給餌自体は非常に面倒なものになる。根気のある人向けだ。ちなみに私の給餌方法はピンセットによるもので、水流も止めずに行なっている。

esayari.jpg
ピンセットでクリルを与えているところ。

餌の量は最初は少なめにしておき、毎日か1日おきに給餌。慣れてきたら少し量を増やしていくとよい。気をつけたいのが餌の劣化。クリルは酸化しやすいため、小さい缶のものを入手して、すぐに使い切ってしまうようにしたい。これは冷凍餌にもいえる。劣化した餌を与えてしまうと、それがサンゴに対して大きなダメージを与えてしまう。くれぐれも注意したい点だ。

・共肉崩壊!?
キサンゴを飼育していると、よくない餌を与えてしまったり、あまりに餌を与え過ぎて口盤部分の共肉が崩壊してしまうことがある。普通なら捨ててしまうところだが、側面の共肉が残っている状態であれば、少し様子を見てみるとよい。残った共肉部分に新しいポリプが生まれ、そこから成長してくることもあるのだ。特にハナタテサンゴによくみられ、数個付きのものなど、そうやって増えたと思われるものが多い。小さなポリプにもきちんと給餌してゆくと、ちゃんと成長してゆく。駄目になったと思っても、すぐに捨ててしまわないことだ。

・綺麗な触手の形を維持する
キサンゴではさほどでもないが、ポリプが大きく触手も長いウチウラタコアシサンゴは、給餌し続けると異様なほど触手が細長く伸び、わけのわからない状態になりやすい。餌をよく食べるため、ついつい多く与えてしまいがちになるのが原因。餌の量は少なめにし、頻度も低くするようにしよう。また強めの水流を当てるのもよい。

・魚との組み合わせ
サンゴを突く魚、ヤッコ類との組み合わせはやらない方が無難。ベラ類はキサンゴを食べたりはしないが、キサンゴに与えた餌を横取りすることが多いので、避けた方がよい。そうなると、ハナダイやバスレット類が適している。ハタタテハゼなどは、驚くとウチウラやハナタテなどの大きな触手に飛び込んでしまうことがある。また遊泳力の弱いヨウジウオなども、ウチウラなどに捕らえられてしまう可能性がある。

甲殻類では、スカンクシュリンプなどのエビが餌の匂いにつられて、キサンゴの餌を横取りしにくる。そういった点はやや問題だろう。残餌だけを処理してくれればベストなのだが、なかなかそう思い通りにはいかないものだ。

キサンゴの世界

2007年06月03日 00:38

ベルリン・システムが普及してからというもの、サンゴ水槽といえばミドリイシを筆頭としたSPS軍団が幅を利かせている。その他にナガレハナやオオバナなどのLPS、ウミキノコやウミアザミといったソフトコーラルが続く。ほぼ好日性サンゴ全盛といえるだろう。そんな中、陰日性サンゴの主役だったキサンゴ類は、今や忘れ去られたような存在になっている。以前は空前の人気を博したウチウラタコアシサンゴでさえ、売れないサンゴの仲間入りをしてしまった。

キサンゴ類が敬遠される理由としては、まず触手が開かなければ、ただの赤やオレンジの塊に過ぎず、何ら面白みが無い点だろう。そして、触手を開かせるのに手間がかかること。餌やりの面倒くささも、根気の無い人や飽きっぽい人には耐えられないものだ。餌を頻繁に与えるために水質低下が早いので、水換え頻度も上がり、メンテナンスの手間も増える。

レイアウト面でも、少々問題がある。触手が十分に開けば美しいが、あまりにも派手な色彩のため、好日性サンゴと組み合わせではバランスが取りづらい。照明が点灯している間はあまり開かないというのもネック。普通の好日性サンゴに比べて、配置に気を使わないといけない。

キサンゴの飼育はミドリイシに比べて、非常に面倒なことこの上ないが、触手を開いた際の美しさはかなり捨て難いものがある。

hanatate.jpg
ハナタテサンゴ
最も触手を開かせやすいキサンゴ。非常に丈夫。
しかし、余りに餌を与え過ぎると状態を崩す。

ooeda.jpg
オオエダキサンゴ(エダイボヤギ)
これも開かせやすい。画像はまだ七分咲き。

oohana.jpg
オオエダ(手前)とハナタテ(奥)
手前のオオエダはまだ小さい群体で、ハナタテのように見える。

nagaibo-1.jpg
ナガイボヤギ
クリルの匂いで開いてきたところ。

nagaibo-2.jpg
ナガイボヤギ
触手が開いたところ。給餌しやすい状態。

jujiki-1.jpg
エントウキサンゴ
ジュウジキサンゴとよく似ている。
触手を大きく開いた状態。撮影時間は午後11時半。

jujiki-2.jpg
ジュウジキサンゴ
やっと触手を開いてくれた。
1カ所でも開けば、そこに給餌し続けることによって、他の場所のポリプも開いてくる。
この撮影から4日後、他に2カ所開くようになった。

shirobana.jpg
シロバナキサンゴと呼ばれる種。
触手はかなり開きにくい。難しいタイプのキサンゴ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。