--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアフィクス1/48トーネードF3完成

2006年07月30日 03:25

t-f3-br.jpg
完成したであります。
塗装してデカールを貼ると、遠目にはなんとか見れるモノになりました。あくまでも遠目には、ですが。それにしても、胴体の歪みには泣かされました。ある程度のところであきらめているため、至近距離で見ると恥ずかしい出来になってます(汗)。キット自体もモールドがアレだったり、アレなパーツがあったりで・・・。最大の難点は、機首の形状が実機と異なっているコトですか。でも修正はしてません。素のままです。うーん。まともなF3のキットが欲しい。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

サンゴ水槽で役に立つカニ

2006年07月25日 14:35

サンゴ水槽でカニというと、厄介者というレッテルが貼られがちだ。しかしながら、カニの中にはサンゴ水槽に有益な種類もいる。今回は3種類を紹介しよう。画像は各自で検索してほしい。なお画像検索ではほとんど引っかからない種もあり、それらは図鑑などを参照のこと。

ヒメミドリベニツケガニ
Thalamitoides tridens
ワタリガニ科のカニで、外見はかなりヤバそうな雰囲気だが、実は藻食性の強いカニ。大きなハサミを持っているが、先端は平たくなっており、藻類をつまみやすい形状だ。ハサミの先端が平たくなっている種は、藻食性のものが多い。本種は主に岩上に生える藻類を、ハサミでちまちまむしって食べている。単体での入荷は無いが、ライブロックに付いてくる個体を探すのが唯一の入手法。ライブロックを導入後、最初はわからず、大型化(といっても最大で甲長4cmほど)した姿を発見して、すわ一大事と騒がれることが多い。死んだ魚を食べたりはするが、元気な魚を襲うカニではない。本種を見つけても、そのまま放置して藻類を食べてもらった方が役に立つ。ちなみに熱帯性なので、沖縄あたりでないと自家採集はできない。

トゲアシガニ
Percnon planissimum
非常に動きの素早いカニ。体は平たく、狭い場所にも入り込む。ハサミは小さく、先端は平たくなっていないものの、器用に藻類をむしって食べる。カニにしては珍しく水槽面に張り付くのも得意で、水槽面の藻類も食べてくれる働き者。色彩も美しく、観賞にも耐える。かなり有用なカニだが、アクアリウム・トレードされることは無い。幸い、本州など温帯域の岩礁や堤防でも見られるので、自家採集は可能だ。ただし異様に素早いので、採集はかなり苦労することだろう。沖縄には別種のミナミトゲアシガニがいる。性質は同じだが、こちらの方が色彩は美しい。トゲアシガニは甲長6cmほど。ミナミトゲアシガニは、それよりやや小さい。

エメラルドクラブ
Mithrax sculptus
カリブ海産のカニ。エメラルドの名が付いているが、全くエメラルド色をしていない。ちなみに正式英名は、グリーン・クリンギング・クラブ Green Clinging Crab である。外見は魚を襲いそうな感じではあるが、温和な藻食性の種だ。本種もツメの先端が平たくなっており、藻食性であることがよくわかる。藻類の中でもバロニア類を好むため、バロニアの発生に悩まされているアクアリストには重宝がられている。なおこの属のカニは他に何種かいるが、いずれもツメの先端が平たくなっているため、どれも多かれ少なかれ藻類を食べているものと思われる。本種はカリブ便で入荷するが、数は少ない。甲長3cmほど。

ヒメオニオコゼ

2006年07月21日 20:09

himeoni-1br.jpg
学名:Inimicus didactylus (Pallas 1769)
和名:ヒメオニオコゼ
英名:スパイニー・デビルフィッシュ Spyny Devilfish
全長16cm
西部太平洋域に広く分布

食用で有名なオニオコゼに近縁で、よく似ている。実際、オニオコゼと同種とされていたこともある。しかしよく見ると頭部の形状やヒレが異なっているのがわかる。またオニオコゼが最大30cmになるのに対し、本種は20cmを超えることはめったになく、通常15cm前後である。さらにオニオコゼが温帯種なのに対し、ヒメオニオコゼは熱帯域を分布の中心としている。砂底域に多くみられ、普段は砂に半ばまで埋もれたようにして隠れている。そうやって待ち伏せし、甲殻類や小魚を捕食する。

観賞用としては、東南アジアからたまに輸入されてくる。輸入されてくるものをよく見ると、ヒメオニオコゼを含めて3種類ほど混じっていることがわかる。どれも似ているが、頭部に対する目の大きさ、また頭部の形状、胸ビレ内側の模様で区別が付けられる。飼育は特に難しい部分はなく、最初こそ生きたエビなどを与える必要があるが、すぐクリルや魚の切り身などに馴らすことができる。背ビレの棘には強い毒があるので、取り扱いには要注意。

種小名は、「指のように離れた」という意味がある。これは胸ビレの下に指状に発達したヒレの条があり、その特徴から付けられたものだろう。和名はオニオコゼより小さいことから「ヒメ」の名が付いたものと思われる。英名は他に、バンデッド・スティンガー、シーゴブリンなどの呼び名がある。

ダルマオコゼ

2006年07月21日 19:39

daruma-1br.jpg
学名:Erosa erosa (Langsdorf in C&V,1829)
和名:ダルマオコゼ
英名:ダルマ・スティンガー Daruma Stinger
全長15cm
南日本~ニューカレドニア、オーストラリア西部までの西部太平洋に分布

ダルマオコゼは、一属一種のオコゼ類で、オニダルマオコゼなどと近縁。比較的小型の種で、最大でも20cmに満たない。体色はベージュや褐色のものが普通だが、赤や黄色のものもみられる。砂底域に多くみられ、底性の甲殻類や魚類を捕食する。背ビレの棘には強い毒があり、これに刺されると相当な痛みと腫れに悩まされることになる。毒は熱分解性なので、万が一刺された場合は、火傷をしない程度の熱い湯に患部を浸す。刺されてすぐに対処すれば、軽度なら30分ほどで痛みが消える。冷水に浸すのは逆効果なので要注意。
daruma-2br.jpg
これは黄化個体。

観賞用としての入荷は少なく、近海魚に強いショップでないと、その入手は難しい。餌にはは生きたイソスジエビや、アゴハゼなどを与える必要があるが、クリルなどに馴らすこともできる。入荷時の状態にさえ注意すれば、丈夫で飼いやすい。しかし高温にはあまり強くないため、水温上昇には気を付けたい。縄張り争いのようなものはほとんどなく、複数飼育が可能である。

調べた範囲内では、学名の意味はわからなかった。和名はダルマのような外見からだろうか。英名は他にモンキー・フィッシュ、あるいは単にストーンフィッシュ(オコゼやカサゴを指す大雑把な名称)と呼ばれる。

レベル1/48 ユーロファイター・タイフーン

2006年07月16日 02:16

買って来たでありますよ。新製品を。
[ 続きを読む ]

F3&ハムデン

2006年07月16日 02:00

f3-2br.jpg
修正はあきらめ、塗装に入りました。
[ 続きを読む ]

夜釣りにて

2006年07月16日 01:47

夜の伊豆半島に行ってまいりました。
[ 続きを読む ]

カゴシマオコゼ属の一種

2006年07月10日 22:51

kagoshima-br.jpg

学名:Paraploactis trachyderma Bleeker, 1865
英名:ベルベットフィッシュ Velvetfish
全長10cm
西部太平洋に分布

カゴシマオコゼ類は、多くの種が5~10cmほどと小型である。よく似た種が多く、種の同定はちょっと難しい。画像の個体の同定も、もしかすると違うかもしれない。生息水深は浅く、砂底質の環境を好む。周辺環境と見分けのつかない外見と、物陰に隠れる習性のため、なかなか見つけることができない魚だ。背ビレの棘に毒を持つかどうかはわからないが、太くて強い棘には毒がありそうに思える。小型のエビやハゼなどを待ち伏せして食べる他、ゴカイ類なども食べる。

おそらく積極的に採集されていないため、入荷はごく稀。画像の個体はインドネシア産のもの。ちなみに入荷時には既に虫の息だった。水槽飼育では、イソスジエビなどを与えるとよく食べる。しかしカゴシマオコゼ類は小型の個体ばかりなので、食べられるサイズの餌の調達が大変ではある。

種小名の trachyderma は、「trachy(ざらついた)derma(皮膚)」という意味で、本種の特徴をよくあらわしている。英名のベルベットフィッシュは、ベルベット(ビロード)に見立ててのことだろうが、あまり的を得ているとは言い難い。

ボルケーノ・シュリンプゴビー

2006年07月08日 01:55

a.rhyax-1br.jpg

a.rhyax-2br.jpg

学名:Amblyeleotris rhyax Polunin & Lubbock, 1979
英名:ボルケーノ・シュリンプゴビー Volcano shrimpgoby
全長8cm
フィリピン、パラオ~グレートバリアリーフに分布

ダテハゼ属の一種で、ポピュラーなヤマブキハゼなどに近い種。体色は見ての通り、ヤマブキハゼとクビアカハゼの中間的な色彩を示す。共生するテッポウエビは、ニシキテッポウエビやモンツキテッポウエビなど、数種のテッポウエビがパートナーになる。

自然下では30~45mという、やや深い場所に生息するため、ほとんどアクアリウムトレードされることがない。この個体も、2~3年振りに輸入されたもの。飼育はヤマブキハゼなどと同様に、落ち着いてしまえば容易。

英名のボルケーノ Volcano は「火山」の意。体色を火山の噴火に見立てたのだろう。種小名の rhyax は、ギリシャ語で「溶岩の流れ」という意味。英名は、種小名の意味から付けられたものだということがわかる。

(´・ω・`)

2006年07月06日 02:31

f3br.jpg
歪む胴体! 消えるモールド!
画像では分からないと思いますが、ひどいですよ。
正直、放り出したい気持ちで一杯です・・・。

まともなF3のキットが出たら、10個は買うのになぁ。
レベルのラファールぐらいのクオリティで、どこか出してくれ!

唐突に

2006年07月03日 02:34

arrowtornado-br.jpg
なんの脈絡もなく、アブロ・アローを仮組み。
余りにデカイ。無駄にデカイ。だがそれがいい。
これをTSR2と並べたら凄いなとか、妄想が頭を巡っております。

仮組みした後は、そっと箱にしまいました。
年末~来年あたりに作ってみます。

トーネードは、胴体のゆがみと共に、成形不良がひどくて、どうにもならないと判断して廃棄。現在の胴体は、以前のF3キットから(父の在庫からチョイス)。全面凸モールドになりましたが、この方がむしろ潔し。凸モールドついでに、父の作りかけH.Pハムデンも成仏させることに。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。