--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シービクセン&ライトニング

2006年03月29日 23:50

vx-2br.jpg
主要パーツを組み立て。あとはインテイクなどメタル部品を接着し、整形すれば完成も近い。ここまでで一番大変だったのが、コクピットの擦り合わせ。合わなくて、だいぶメタルパーツを削りまくった。ナビ席は見えないようにしてしまうので、その部分を大きく削って合わせた。

この後の、胴体と主翼の繋ぎに手間がかかりそうな悪寒が・・・。

light72br.jpg
おまけ。父製作の1/72 EEライトニング。ファントムFGR.1に続き、こちらも30年以上前(詳しい年代が不明)の作品。キットメーカーはハセガワなのかな? ライトニングはこれを含めて5機製作されている。14機製作のファントムの次に多い。気に入った機体だったようだ。
スポンサーサイト

立ちながら

2006年03月29日 01:20

tachine-1br.jpg
寝てる

tachine-2br.jpg
こちらも寝てる

ドコモの

2006年03月26日 00:32

docomo-br.jpg
どくきのこ♪

ワイバーン&シービクセン

2006年03月25日 23:23

ワイバーンは無事ロールアウト。
シービクセンは制作開始。
[ 続きを読む ]

飼育方法と専門誌とウェブ・・・

2006年03月23日 18:29

海水魚を飼育する際、その生体に応じた色々な飼育方法がある。
[ 続きを読む ]

減圧症治療・補足

2006年03月22日 13:54

rukiさんのところの日誌(3/21の)に、減圧症の対処方法を掲載してある。メールでの簡単なやりとりの文章であるので、ここで補足を。

魚の背後から強い光を当てて、ウキブクロの位置を把握するわけだが、魚によっては透けなくて分からないこともある。ゲニカントゥスやベラあたりでは、ちょっと分かりづらい。ハナダイ以外では、ブラックキャップバスレットやハゼ類など。これらの小型種は、針の刺しどころが悪いと、即死させかねないのが心配どころ。

かなり思い切った治療方法ではあるが、減圧症が酷い場合は、膨張したウキブクロで内蔵がやられることも多いので、やってみる価値はある。ただ、注射針の入手については難しい面もあり、誰しもが行えるものではない。また、初めてこの治療を行う人は、かなりの緊張を強いられる(魚が小さいほど)。

魚に針を刺すと、魚のサイズや程度にもよるが、小さなエアがポコッと出る程度。ポコポコとエアが出るイメージを持つかもしれないが、実際はそんなもの。不安になってお腹を押して、強制的に排気させてしまうと、ほとんどの場合失敗する。失敗してウキブクロが萎むと、元には戻せないので、そこで終わりだ(実際にやって、失敗したことがある)。くれぐれもお腹を押さないように。

尾をやや上にして泳ぐ程度の軽めの減圧症の場合は、ちゃんと餌を食べているなら、とりあえず何もせず様子を見ていた方がいい。時間はかかるが、自然に治ってくることが多い。まあ、症状が進行する場合もあるが・・・。様子見の際は、岩など身を寄せるものがあることが重要。岩などの下に入って体が浮くのを防いで、魚が休めるため。身を寄せるものが無いと、ずっと泳いでなくてはならないため、体力を消耗してしまうからだ。

とらネコン

2006年03月20日 11:20

上の妹(いつものは下の妹のネコン)が、ネコンの写真を送ってきたので掲載。
[ 続きを読む ]

ワイバーン

2006年03月18日 02:09

実は去年から、ちまちま作っていたキットがある。


[ 続きを読む ]

海水魚ショップレビュー関東編18

2006年03月12日 18:19

クラウンフィッシュ
(店舗写真撮り忘れ)
埼玉は所沢にある海水魚専門店。以前は最寄り駅の東所沢駅の近くにあったが、数年前に移転し、駅からは遠くなってしまった。

店内はよく清掃されており、また販売水槽自体もよくコケ掃除がなされ、綺麗にされているのは好感が持てる。魚はどちらかというと高級魚の割合が大きく、ポピュラー魚種はさほど多くない。ビギナーにとっては、少々気後れしてしまう内容だ。生体の状態はよく、安心して購入ができる。価格は普通(高級種は普通に高価ということ)。魚に比べると、サンゴの在庫は少ない。以前はそれなりにサンゴの在庫があったが、このところサンゴスペースは縮小されている。やや残念なところだ。

器具はそれなりに揃ってはいるが、決して数は多くない。どちらかというと、生体がメインのショップである。セントポールクイーンなどの入荷実績を見てもわかるように、珍種・稀種には強いので、それらを探している人は頼んでみるといいだろう。特にチョウチョウウオの珍品には強い。

他、スタンプカードなどによる割引きシステムがあるが、詳細はHP参照のこと。

アクセス
車は店舗脇に2台ほどの駐車スペースがある。店舗前に路駐も可能。電車はJR武蔵野線・東所沢駅下車。徒歩10分ほど。

完成したであります。

2006年03月12日 17:19

falk-fgr2-br.jpg
はい、できました。
[ 続きを読む ]

もうすぐ完成

2006年03月10日 22:47

fg1fgr2-br.jpg
後は脚とキャノピーだな。
今回、はじめてドライデカールなるものを使った。
最初は使い方が分からなかったが、デカールに付属の説明書を見たら書いてあった。
使ってみると意外と簡単。切り出しが面倒だけど。

フォークランドのファントム

2006年03月08日 02:58

ファントムの洋書を見ていて、こんなの見つけた。
[ 続きを読む ]

グリーンFゴールド

2006年03月08日 02:36

グリーンFゴールドは、細菌性の病気や白点病治療に活躍する薬品である。海水魚用に使用するのは顆粒状のもの。グリーンFゴールド・リキッドという製品があるが、こちらは成分が全く異なるので注意。また、ただのグリーンFも違う薬剤である。
[ 続きを読む ]

わっきぃ水槽

2006年03月05日 18:33

わっきぃの水槽でもUPしておこう。
[ 続きを読む ]

光触媒その4

2006年03月05日 18:06

n-901-br.jpg
最近の水槽の様子。見慣れない魚がいるな。

前回記事より約一ヶ月。透明度は相変わらず良く、蛍光灯のみのときに比べ、さらにコケの生え方が少なくなった。かなり水槽内を故意にかき回したりして白点を誘発してみたりしたが、案外ひどくならずに沈静化した。殺菌力はそれなりに効果があるとみて良いかも。現在の水質数値は、pH7.7、硝酸塩約40mg/l、となっている。前回測定時よりもpHが下がり、水換えが多いにもかかわらず、硝酸塩は高濃度を示している。もっとも、硝酸塩に関しては、かなり餌が多い所為もあるので、光触媒による分解作用のためばかりとはいえないのだが。

とりあえず、飼育自体に大きな問題は起こっていない。

カウンタ

2006年03月02日 03:19

去年の11月にこのブログを始めたときは、カウンタを付けてなかった。でも1ヶ月ほど前に、試しにカウンタを付けてみた。同時期にアクセス解析もスタート。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。