--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅海・西インド洋水槽

2014年10月16日 22:49

久々に水槽の紹介。
うちのメイン水槽である、120×70×60㎝水槽。
S&S時代を知っている人なら懐かしい、旧『野望水槽』。
1996年に製作した水槽なので、今年で18年。
最初はライブロックレイアウトでチョウチョウウオを飼う、というコンセプトで製作した水槽ですが、白点に悩まされて挫折。その後、長くミドリイシを中心としたサンゴ水槽として運用。そして自宅の建て替えを機にサンゴ水槽としての役目を終え、今はチョウチョウウオ混泳水槽に、という変遷。
IMG_1594.jpg
収容魚は、ゴールデンバタフライ、レッドシーラクーン、レッドシーバンナー、レッドバックバタフライ2匹、ソマリバタフライ、テングチョウ、トゲチョウ、マクロスス、マスクドパッファー の合計10匹。テングチョウはガーディナーズバタフライの替わりに収容(ガーディナーズが混泳不向きのため)。トゲチョウは自家採集個体。親指の爪サイズで採集してきたのが大きくなったもの。紅海にもトゲチョウいるからいいでしょ(笑)。

システムは、オーソドックスな2槽式ろ過槽。周辺機器はQL40殺菌灯とH&S850スキマー。水槽内に、かなり強い水中ポンプを設置して、水流を付けている。水換えは1ヶ月に一度、8割方換水。ちなみに比重は1.021と若干薄め。

IMG_1592.jpg
紅海固有のフグ、マスクドパッファー。
こういうのが1匹いると、水槽内に変化が出て良い感じになる。
他魚をかじることもなく、実におとなしい。
複数飼育してみたいが、フグのケンカは激しいものがあるので考え中。

IMG_1596.jpg
23センチあるゴールデンバタフライ。
この水槽の目玉になるように、大きい個体を選んでみた。
水槽が大きいと、小さい個体を入れても見栄えがしない。なのでゴールデン以外でも、バンナーやラクーン、マスクドパッファーも大きい個体を選んで収容している。見栄えのする混泳水槽を作るには、個体の大きさも大切なポイントなのですよ。

スポンサーサイト

チョウチョウウオ水槽

2013年10月19日 00:48

すごく久しぶりに自分の水槽でも。
1015-1.jpg
サイズは90×60×45センチ。
水槽内の岩はセラミック疑岩。
ろ過槽は一層式で、H&S850のスキマーが設置してある。

1015-9.jpg
岩の後ろにある水流ポンプ。斜め上に向けて設置してある。

1015-8.jpg
水流ポンプ上部の水流の様子。
水槽サイズに比べて、若干オーバースペック気味の結構強い水流。
中の水流は、洗濯機とまではさすがにいかないが、普通の混泳水槽よりは明らかに強い流れ。最初の画像で、水槽中央にアサリの殻がいくつかあるのだが、あの殻は常にあそこに置いてある。というのも、あの殻が水流を少し弱めて、水槽右側を魚にとって過ごし易い環境にするためのもの。普通に岩を置いてしまうと、水流が減殺されすぎてしまうため、アサリの殻程度の障害で若干弱めるという工夫になっている。

水流の強い水槽は、痩せた魚を入れると消耗するだけだが、しっかりと餌を食べる魚にとっては非常に良い運動になり、引き締まった魚体を維持できる。

1015-7.jpg
アサリを突くチョウチョウウオたち。
餌は活きたアサリを開いて、水管やベロなどを取り除き、内臓だけにしたものを与えている。アサリの身の太り具合によって、一日に5〜10個ほど与えている。人工餌はアサリを与える前に少量与えている。もっとも、チョウチョウウオはほとんど食べず、一緒に入っているアカテンコバンハゼやサザナミが食べる程度。

1015-6.jpg
アサリが主食なのは、その方が幼魚期からの成長が良く、成魚になってからは余計な脂肪が付くのを防ぐ観点から。他に微量成分やビタミンなどの補給として、コンビネーション2を週一回添加している。またポリプ食チョウチョウウオは、思いの外コケをついばむので、水槽底面のコケは落とさずに残してある。

1015-4.jpg
ミカドチョウは2匹入っている。当然のように争っているが、ヒレや体にダメージが残るほどのケンカはしないので、いずれはペアに。。。という期待を抱いているのだが、果たしてどうか?

1015-2.jpg
鍔ぜり合うインドミスジとミカド。
ポリプ食はどれも気が強いので、組み合わせは悩みの種。。。

60㎝チョウチョウウオ水槽

2012年08月29日 15:15

この水槽は、以前CF誌(コーラルフィッシュの方ね)に掲載していた水槽。
当時の住人だった、ミスジ、ミナミハタタテ、アブラヤッコは今も健在。
トノサマとアケボノも、別水槽で当時から飼育していたもの。
水槽のシステムは何ら変わっていない。
12-60-1.jpg
この画像は水換え翌日。

12-60-2.jpg
12日後。
そろそろアサリ底面ろ過か?と言われる頃合い。
ちなみに、アサリは1日に2〜3個与えている。

12-60-3.jpg
アサリ殻を回収し、魚が横倒しになる寸前まで水を抜いて換水。
底面ろ過なので、水換え時は水作フレンドにて砂の掃除も行う。
スキマーのカップは適宜清掃。

というような感じで日常管理。

水槽部屋2

2011年12月06日 14:37

2011126-1.jpg
2つ目の水槽を移動した。
仕切りの入った変則90センチ水槽。
仕切られた狭い部分は、混泳の際のお見合いや、餌付けなどに用いる。
システムはオーソドックスなウェットろ過。
ポンプの入っている部分には、海道達磨が仕込んである。
今後何年も混泳水槽を維持していくので、小細工はせず、シンプルに。
まあ、もともとシンプルなシステムが好きだけど。
ちなみに、この水槽の正面は反対側。
こちら側には普通サイズの90センチ水槽がくる。
それが唯一のサンゴ水槽になる予定。
しばらくサンゴを大々的にやる気がないので、1本あれば十分。

2011126-3.jpg
この水槽のメイン、クリスルスとツキチョウ。
ツキチョウは移動後、体側各部が充血するという痛ましい姿に。。。
現在は充血もほとんど治まり、きれいに治りつつある。
治療はクロロキンを餌に混ぜて与える方法をとった。

クリスルスの方は、購入時とほとんど大きさが変わっていない。
成長の遅い大型ヤッコだ。
この水槽では、銅イオンによる治療を何回か行なっている。
しかし、銅イオン濃度が低いのと、いつも多めに水換えしているためか
体色の褪せや、頭皮欠損(HLLE)は全くみられない。

2011126-2.jpg
完全な新品水槽。サイズは90×60×45。
まだセットしていない。
こちらも混泳水槽になるが、まだ構想を練っている段階。

2011126-4.jpg
こちらは嫁の水槽。
どんなものに仕上がるか。。。

2011126-5.jpg
最初に移動した水槽。すでに落ち着いた状態だ。
こちらのろ過槽では、セットしていない水槽に使うろ材を熟成中。
うちでは水槽移動はゆっくりと行なっているが、一気呵成にリセットする場合や、普通に引っ越しする場合は時間がなく、生体に犠牲が出やすい。とにかくフルリセットや引っ越しはリスクが高いので、突発的なリセットとかでない限り、入念に準備してから行ないたい。準備しすぎるということはないのだから。

2011126-6.jpg
ビビリで、なかなかまともに撮らせてくれない。
これは東アフリカのマクロススで、この水槽のテーマが、紅海~東アフリカだ。

新水槽部屋

2011年10月31日 22:35

新居が完成し、専用の水槽部屋もできた。
広さは約7畳ほど。

heya-1.jpg
念願の専用流し台。
これで各種作業が一気に楽に。
流しのそばにはコンセントもあり、機器のチェックなども可能。
床には排水も付けてある。
横のケージにいるのはチンチラ(笑)。

heya-2.jpg
早速引っ越ししてみた。
120×70×60水槽。この部屋で最も大きな水槽になる。
細やかなメンテナンスをすることを考えると、このあたりのサイズが個人的には限度。
以前はサンゴ水槽だったが、サンプをろ過槽にして魚水槽に。
ろ過槽のろ材がネットに入っているが、これは一時的な措置。
ネットに入れておくと取り出しやすいが、あまり良くはない。これは少し考えれば分かること。現在ではネットから取り出して、ろ材はきちんとろ過槽内に敷いてある。

ちなみに、この水槽の横には同じサイズの水槽が置ける台がくる。
乗る水槽のサイズは少々小さくなるが。

カーテンは嫁チョイス。
某編集長のブログに載っていたもの。
カーテンを購入したのはこちら

heya-3.jpg
既に魚が。。。

heya-4.jpg
水槽を設置するシミュレーション。
90×45の台が2つ。
60×60の台が1つ。
60規格の台が1つ。
トリートメントタンクとか、サンゴ水槽とかの水槽群だ。

久しぶりに

2011年06月10日 17:09

たまにはうちの水槽でも。

2011-6-1.jpg
LPS水槽。
サイズは60×45×30㎝。いわゆる「らんちゅう水槽」というやつ。
新しい家に引っ越しするまでの仮水槽だ。
引っ越しの際には解体し、新しい水槽になる予定。

2011-6-2.jpg
これはカイメン。
薄ピンクのが、おそらくミズガメカイメンと思われる。
手前のグリーンのは、ネシアのブリードもの。
カイメンまでブリードで入荷するとは。。。

2011-6-3.jpg
システムは簡易系。
水槽の両サイドにパワーヘッド。水流は水面方向に。
片方のパワーヘッドは、コントローラーで間欠運転。
照明は20W蛍光灯2本。
これ以上はないというほど簡略化したエコ水槽だが、このような器具を省略した飼育は一般にはおすすめしない。普通はスキマーなど、ある程度の装備は充実させた方が良い。一部に金を極力かけない飼育スタイルを推奨する向きもあるが、趣味なのだから、無理のない範囲で設備にはできるだけ投資すべきだろう。『金のかかるのが趣味、金をかけるのが道楽』と昔から言う通りだ。しかし、こんな水槽作っておいて吐く言葉ではないな(笑)。

トリートメントタンク近影

2010年05月17日 17:40

IMG_1602.jpg
オオフエヤッコとテングチョウ。
どちらも食べているのに痩せる場合がある。
オオフエは、フエに比べて太り難い印象。
手間がかかるな。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。