--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串本オフ2013

2013年10月01日 14:10

今年も串本オフを開催しました。
二泊三日の旅。
一日目はいつもの磯へ。

013_201310011345562fa.jpg
ちょっと寒かったので、日光で暖められた水たまりで暖をとる人(笑)
片方の人は煩悩の塊であると申しておく(笑)

008_20131001134626817.jpg
タコを頭に乗せる、さくらママ。
さすがは関西人のノリといったところ(笑)

この磯では、関東からいらしたスーさん夫妻と遭遇。
だにやんとは旧知の仲だそう。
私も一度どこかでお会いした気がするんですが。。。
全く思い出せなかった(汗)

この日はサザナミヤッコ2匹とソリハシコモンエビ、アカハチハゼを採集。
ソリハシコモンは初採集なので嬉しかった。
アカハチは沖縄では採集経験があるものの、串本では初。

018_20131001134652d7d.jpg
初日の宴会。
いつもの寿司屋で地魚メインの握りをいただく。
やはりここは美味しいね。

020_20131001134707d20.jpg
誕生日だった人。
ケーキはちゃんと食べましょう(笑)


二日目は波が高かったので、何とか入れる場所に。
024_201310011347300f6.jpg
クマさん登場。
条件の悪い時でも、セグロやウミヅキなどを採集していたのはさすが。
クマさんからはセグロをいただきました。ありがとうございます。

025_20131001134744b0a.jpg
女子会も開催。

026_201310011347560e8.jpg
記念撮影。
多くの方に集まっていただき感謝!

039.jpg
二日目の宴会。
会場の店が竜巻被害に遭ってしまったため、小さい部屋に無理矢理押し入りました(笑)。しかしながらカツオ茶漬けは絶品。来年もこの店で宴会しましょう。

参加の皆さん、お疲れさま&ありがとうございました。
来年も宜しく御願い致します。

スポンサーサイト

ベッセル沖縄ツアー2013 その3

2013年07月19日 12:33

間が空きましたが。。。3日目
この日が最終日。
P1040622.jpg
この日はO店長の知り合いの漁師さんに、無人島に連れて行っていただいた。
画像は上機嫌なO店長(笑)

P1040642.jpg
ほんとに無人島で、船着き場も何も無い。
船は座礁しない程度に近づいて、そこからは泳ぎで上陸。

P1040696.jpg
島はサンゴ砂100パーセント。草木1本生えてない。
聞けば海況によっては水面下に没することもあるのだとか。
そんなことからか、島には名前すら付いてない。
さらに漁業権も設定されていないというから驚き。
漁師さん曰く『石サンゴ以外は、何採っても自由(笑)』
ちなみにこの島は、通常では連れて行ってもらえないのであしからず。。。

P1040726.jpg
漁船が停泊した真下あたり。水深12メートルほど。
底まではっきり見える。素晴らしい透明度。

P1040723.jpg
パープルのシライトがあった。大きい。
この場所では、ウミガメが泳いでいるのも見えた。

P1040689.jpg
島の外縁部はサンゴだらけ。
右を向いても左を向いても延々とサンゴが続く。
人が入らないと、これほど綺麗なものなのかと溜め息が出る。
沖縄本島にも、このような場所があるとは!

P1040679.jpg
しばし素晴らしい景観を楽しむ。

P1040662.jpg
ハナヤサイを覗くと豆スミツキの姿があった。
オオアカホシサンゴガニも見える。

P1040711.jpg
魚影は濃い。

P1040716.jpg
ハマサンゴの壁が延々とあったりする。

P1040703.jpg
ミナミハタタテ。
逃げないのでたやすく採集。

P1040648.jpg
浅瀬で捕獲したウツボ。
アセウツボのようだ。撮影後リリース。
あとで話たら、O店長は欲しかったらしい。。。

P1040721.jpg
パープルのハタゴ。水面に出そうなほど浅い場所にあった。
今回の沖縄では、パープルのハタゴはいくつも見られた。
あるところにはたくさんあるんだねぇ。

P1040731.jpg
泳ぎの得意でない人は、漁師さんがボードで送迎(笑)

P1040733.jpg
港に帰還し、早々に帰り支度。

P1040738.jpg
最後は沖縄そばでシメ。

参加の皆さん、お疲れさまでした。
企画して下さったO店長、島に案内して下さった漁師さんに感謝!!

ベッセル沖縄ツアー2013 その2

2013年07月13日 20:10

さて2日目。
P1040571.jpg
この日はナガンヌ島という島に渡った。
高速船で20分ほどなのだが、高速で波を越えるため揺れが激しくて、船酔いに弱い人には少々きつい。酔い止め必須である。

P1040577.jpg
訪れる人はわりに多い。
いわゆる観光島というやつ。
シュノーケリングするにはライフジャケットの着用が義務付けられている。
しかもシュノーケリングできるスペースはさほど広くない。

P1040579.jpg
とりあえず海中へ。
ミナミハコフグに出会う。
人が多く、また遊泳スペースが限られているので、それほど多くの魚には出会えない。

P1040580.jpg
大きなハマサンゴ。

P1040598.jpg
その下にはサザナミヤッコがいた。
ちなみに観光島であるので、採集はできない。
もっとも、ライフジャケットを着用しているので、網を持っていたとしても、まともな採集はできないが。。。

P1040587.jpg
観光客が多いので、丈夫なサンゴしか残っていない印象。
ただ、区域外は人が入らないので、サンゴは豊富だった。

P1040591.jpg
綺麗なハナヤサイ。

P1040593.jpg
小さなミスジリュウキュウスズメがいた。

P1040595.jpg
高さ20センチほどあるオレンジスポンジ。

P1040603.jpg
一通り泳いで、昼食に。

P1040604.jpg
ふと遊泳区域と反対側の船着き場方向を見ると、干上がったリーフが目に入った。食事をしたあとは、干上がったリーフを探索してみることに。特にリーフ探索は咎められることはなかった。これでシュノーケルしようとしたら、たぶん注意されただろう。

P1040607.jpg
干上がりそうなタイドプールに、ハタゴイソギンチャクがあった。
ノーマルカラーだけでなく、綺麗なパープルも。
何故かパープルハタゴの画像は無いが。。。
ちなみに画像に写ってないが、カクレが入っている。
ハタゴはとにかくたくさんあった。

P1040608.jpg
干上がった岩に入っているヒメジャコ。
リーフ外縁部に行くと、ブルーの綺麗なものがあった。

P1040611.jpg
そうこうしているうちに帰還時間に。

P1040612.jpg
那覇に帰って早々にビールを飲む(笑)
夕方は国際通りに行って、各自お土産を買うなど自由行動。

P1040616.jpg
夕食前にもかかわらず、お腹空いちゃったので、ハンバーガーを食す(笑)
アグー豚バーガー、美味しかった。

P1040615.jpg
コロナビールが瓶ごと刺さった不思議な飲み物。
意外とイケる(笑)

P1040618.jpg
公設市場で土産を買い出し。
画像はシマハタ。小型個体なら飼ってみたい。

P1040619.jpg
あまりお腹空いてないけど(笑)皆で夕食。
相変わらずパッサー氏がやってくれました(苦笑)

ベッセル沖縄ツアー2013 その1

2013年07月12日 16:25

ベッセル主催の沖縄旅行に参加してきました。
今回は、O店長、パッサー氏、O夫妻、かっしぃさん、私たち夫婦の7人。
しかし出発当日、私たちだけ渋滞で予定時間に遅れてしまい、飛行機を1便遅らせることに。。。

P1040550.jpg
何とか1時間ちょっと遅れて那覇に到着。
皆さん既に行動されていたので、レンタカーで後を追いかけることに。
ちなみに、昼飯に沖縄の回転寿司屋に入ったのだけど、これが結構美味かった。

P1040552.jpg
何とか合流。

P1040553.jpg
即、ドボン。

P1040557.jpg
ここは遠くまで海草地帯で、かなり泳がないとサンゴがあるところまで行けない。
ちなみに画像はマンジュウヒトデ。
他にもショップでは見られないような、馬鹿でかいコブヒトデなどが見られた。

P1040558.jpg
キンセンモドキかな?

P1040559.jpg
ハタタテダイ。
私は海草地帯で、セグロチョウのチビをゲット。

P1040564.jpg
嫁(笑)

P1040566.jpg
夜はホテルの近くの居酒屋で乾杯。

P1040568.jpg
ソデイカの握り。
そうそう食べられない種類のイカだ。
美味かった。

慌ただしく1日目終了。

2013 宮古島遠征 その2

2013年06月21日 21:18

続き。
P1040417.jpg
ハマサンゴの壁。年月を感じさせる。

P1040436.jpg
こういう海中景観は、レイアウトの参考になるが、あくまでも参考程度に。。。
自然を水槽に再現しようとしても無理だしね。
水槽は水槽なりのアレンジをしないと、良いレイアウトにはならない。

P1040424.jpg
ホンソメのクリーニングステーションに集まる魚。

P1040435.jpg
オニハタタテ。
大きい個体しか見られなかった。
オーバーハングや暗がりでみられる。

P1040439.jpg
水面直下のミドリイシとテングカワハギ。
干潮時なので、こういう光景が見られる。

P1040444.jpg
ゴマハギ幼魚。
キイロハギのような黄化個体も、ちらほら。

P1040445.jpg
スミツキとサザナミ。
スミツキはミスジに次いで数が多い。

P1040497.jpg
ブルーのスギノキ。
実物の方が、ずっと綺麗だ。この手のは数多い。

P1040491.jpg
ハナガタを食べるウミヅキ。
ウミヅキは個体数が少なく、あまり見かけなかった。
そういえば、和歌山では馬鹿みたいに沢山みられるトノサマダイも少なかった。
沢山いるのは、ミスジ、スミツキ、ヤリカタギ、ゴマチョウ、フウライあたり。
次いでトゲ、カガミチョウ、アケボノなど。
ヤッコではナメラ、サザナミ。

P1040500.jpg
フトトゲサンゴ。
ある場所では、見られるトゲの全てがフトトゲだった。
かなり綺麗な群体もあり、アクアリストとしては涎モノである。

P1040509.jpg
アカハチハゼのペア。
採集しづらいが、何とか1匹採集した。

P1040520.jpg
この光景は、何度見てもいいね。

P1040526.jpg
綺麗なシライト。
直径45センチぐらいあった。

P1040537.jpg
パープル系。
干潮時で水面下20〜30センチというところ。
満潮時で水面下60〜80センチほどではないだろうか。

P1040539.jpg
干潮時に、かろうじて干上がらないような浅瀬にあったハタゴ。
カクレも入っている。
人が来ない海岸だったので、採集もされないのだろう。
私も見るだけに留めた。カクレなんて、採集しても仕方ないしね。

というわけで、画像は終了(ほんとはもっと沢山あるけど)。
できれば、また来年も訪問してみたい。

2013 宮古島遠征 その1

2013年06月20日 16:17

昨年に続き、今年も宮古島に行ってきました。

P1040469.jpg
梅雨真っただ中であるにもかかわらず、行ってみると終日良い天気。
夜に雨が降ることはあったものの、旅行中の昼間は快晴でした。
天気予報では終日雨の予報でしたが。。。

P1040462.jpg
干上がったリーフ。とにかく綺麗。
海外のリーフを見に行くのもいいが、国内にこれだけ素晴らしいところがあるのだから、アクアリストだったら見に行くべき。ここを飛行機で素通りするなんて、もったいなさすぎる。

さて、早速に海中景観を。
例によって、撮影は全て嫁である。
P1040290.jpg
タマイタとハマクマ幼魚。
やっぱりハマクマは多いね。クマノミ類では個体数ナンバーワン。

P1040296.jpg
ミドリイシ。

P1040301.jpg
ミスジチョウはどこにでもいる。
海中で見るミスジは本当に綺麗でいい。一番好きな魚のひとつ。
ちょうどいいサイズの個体を1匹採集した。

P1040302.jpg
このぐらいの色彩のミドリイシは普通にある。
奥はショウガサンゴ。

P1040310.jpg
ヒメジャコ。
この程度の青系個体はどこにでもいた。
シラナミもあったが、そちらはグリーン系が多かった。

P1040311.jpg
ウネタケの一種。

P1040316.jpg
シライト。
透明なカクレエビが写っているのだが、分かるだろうか?

P1040341.jpg
アミチョウのペア。
大きな個体は額のブルーの発色が見どころ。
この特徴を引き出して飼育している人が、どれだけいるだろう。

P1040355.jpg
ブルー系ミドリイシ。
この程度のものは、どこにでもある。
実物の方が綺麗に見える。

P1040373.jpg
ウミキノコ。

P1040375.jpg
ミドリイシの周りにあるのはサンゴモドキ。

P1040388.jpg
セグロチョウの大型個体。
ものすごく格好良い。セグロを好きな採集家は多い。

P1040407.jpg
可憐なミナミハタタテ。
やや大きめの個体が多く、採集するまでには至らなかった。

P1040412.jpg
ミドリイシとデバスズメ幼魚の組み合わせ。
これは海中で見ると可愛らしくていい。
水槽でも再現したいが、デバ大きくなっちゃうしね。。。
3センチぐらいで止まれば最高なんだけど。

P1040413.jpg
ハナヤサイ。

串本採集オフ

2012年09月20日 00:37

先日、毎年恒例の串本オフを開催。
メンバーは、関西圏からケントパパさん、ヨッシーさん、Tetsuoさん、レオポン君、udonkoさん、ヤスさん、エイジさん、わもんさん夫婦、たまーぼさん夫婦、群馬からパッサー氏、T氏、東京から私たち夫婦という大人数。レオポン君は日帰り、たまーぼさん夫婦は翌日の合流とはいえ、なかなか賑やかな人数。早朝に集合場所に全員勢揃いし、早速磯へ。

201209153.jpg
台風の影響は少々あったものの、綺麗な海を満喫。

201209159.jpg
水中写真は、例によって嫁撮影。

2012091515.jpg
魚はやや少なめなものの、採集を楽しむには十分。

2012091521.jpg
ヤリカタギなどポリプ食もよく見られた。
この日は、串本では珍しいカガミチョウを採集できて満足。
Tetsuoさんはトゲタナバタウオを採集したものの、生け簀から逃亡(涙)。

2012091539.jpg
夜は当然宴会。
美味しい寿司をいただいた。
二次会はホテルの部屋でぐだぐだと(笑)

翌日は晴れたものの、台風の影響が強まり、磯は厳しい状況。
何とか入れる場所を見つけて海に入るも、濁ってほとんど見えず。。。
浜には我々の他に、こうちゃんさん、クマさん、クロさんといった採集家が集まり、ちょっと凄いことに。いやはや、採集の有名人だらけでびっくり。海は駄目だったものの、貴重な時間を過ごすことができた。

ケントパパさんら、大阪からのメンバーの大半と群馬からのメンバーは、この日で帰還。

夜はこれまた宴会に。
クロさんたちと、わもんさん、たまーぼさんの輪に混ぜていただき、楽しいひととき。

翌日は天気はいいものの、波はさらに強くなり、海に近づくのも躊躇われるほど(汗)
仕方ないので、海中公園やエビカニ水族館を見学して帰途に。
名古屋に一泊してから帰宅。
いやー楽しかった!

参加の皆さん、また海で出会った方々、どうもありがとうございました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。